ゼタとゆすらの中学受験2025

遊びを愛し面倒を嫌う男子が中受を通して成長する、日々の記録

2023年10月

前回までのあらすじ(小5、10月まとめ)

今月もゆすらのブログを読んで下さり
ありがとうございました。

多くアクセス頂いた4つの記事を使って
10月をまとめました。

ご興味ある話題があれば幸いです。

目次
1. 弱点発見マップ
2. 学校選び
(番外)学習記録が続かない



1. 弱点発見マップ



10月は、ゼタ(是太郎。息子)の
今までの全てのテスト問題について
単元・正誤・正答率を
データ化する作業をしました。

成果物はこちらです。

10/9(月) 弱点発見マップを作る(1)算数


上述の作業中、
テストの正答率の活用法に関する記事を見つけました。

10/18(水) 正答率何%の問題を解くべきかお子様ごとにわかる式


上の記事は日経電子版のですが
ゼタの新聞も日経にしました。

10/20(金) 懸案だった子ども新聞



学校選び



秋は中高一貫校の文化祭や説明会が目白押し。
ゼタが文化祭に関する感想を述べます。

10/16(月) 文化祭にみる現実と虚構の境目〜芝のメイドと麻布の金髪
 



(番外)学習記録が続かない

 

夏休み明けの9月、ブログに
ゼタの【学習記録】を書き始めるも
数回で終了しました。

ゼタが毎日何を
何分学習しているか 
ゆすらは細かく見ていないもの。
無理だったわ。 

我が家の場合は
日々の学習記録の積み重ねからの
塾のテストで成果を確認という
サイクルは回せない。

塾のテスト結果を見て
ゼタがサボっていることに気づき
足りない部分に手当てするという
常に後手に回るやり方をしてきたわ。

これ…
次のテストがあるうちはいいけれど
最後に一回分足りないような。
それ本番。


でもそうね…【学習記録】よりも
テスト結果の【定点観測】とその対策なら
実際に検討しているし書きやすいわ。
11月はそれにする。

やり方がどうしても
減点法になってしまうけれど。



サファリパークにて、ゼタ撮影。
231030_1
ネコ科の子たち。鏡ではなく2頭います
💕


おしまい。 
- - - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ
にほんブログ村 

どういう状態を頑張っているというか


中学受験ブログではしばしば

「(お子様が)本当によく頑張っている」
と仰る保護者様がおられます。

我が子をよく見ている
親をもってそう言わしめるなんて
そのお子様は本当に頑張っている
のだろうなと思います。


ゼタ(是太郎。息子)は…

頑張っている時もあるけれど
頑張っていない時も長い。 



頑張っているとは


どういう時に「頑張っている」と
自分に、周りに、
思わせるのかしら? 

今の時期の6年生なら分かるわ。
親が心配するほど勉強するとか。
さすがに来年の今頃は我が子も
そうであってほしいと期待を込めて。

通塾1年未満の3,4年生でも分かるわ。
学校が終わってから
塾へ行くだけでも頑張っていると
思える時期がゼタにもあった。

どちらも親の期待を子の行動が
上回っている場合です。

前者は親の期待も高いけれど
子の行動も尊い。

後者は子の行動の難易度は低くても
親の期待値も低い。


本当に頑張っている時は
本人は頑張っていると思ってなくて
他者の目には頑張りが見えるという
幸せな状態です。



ゼタとゆすらの場合


ゼタは頑張っていない時に
「頑張っているね」
という言葉を求める。

サボっていることを
他者の評価で正当化したい
という気持ちが見える。

そんなのお見通し。


頑張っていない時は
本人も頑張っていないことが
わかっている。

そんな時に頑張っているねとは
言えないわ。


「僕がんばる」などと言う時は
最もあやしい。

自分に誓っているのではなく
ゆすらに言ってるのよ。

成績よりも、中受を通して
こういう性根をたたき直したい。


ゆすらの基準も厳しいと思うし
子の頑張りを認めない親が
問題視されるけれど

ゆすらが思う「頑張っている」は
最低限のことをした上で
自主的に継続的に何かをする様子のこと。

頑張る時は嬉しいも辛いもなく、無。
淡々とすべきことをして
後からその積み重ねを見て
「頑張ったなー」と思うくらい。
登山のような。


ゼタはそれをすると
はっきり結果に表れるので

ゼタの頑張りが分かるのは
テストの成績が良かった時です。


でも良い成績をもたらした頑張りは
テスト終了時にはすでに過去のもの。

テスト結果をもって
過去の頑張りを褒めると
ゼタは「頑張り終了」の行動を取る。
231027_1


だからゆすらはテスト結果については
「良かったね」と言う。


ゼタが頑張っていない時は
塾が「最低限これだけは」という
宿題をしていない時。
塾よりも簡単な学校の宿題を
なかなかしない時。
テスト前に余力があるのに逃げる時。

これらの共通点は
難しくないのに面倒な気持ちが勝ること。

頑張ってはいないがなぜか辛い状態。

頑張ることと辛いことを
混同しているような。

本当は頑張っていないから辛い。

やる気が出て取り組んでいる時は
あるけれど

やる気を原動力にして
頑張ろうと思って頑張るのは
とても大変だし続かないから

頑張らなくてもやる気がなくてもできるよう
大切なことは習慣づけることを
重視してきたけれど
母が言ってるうちはできませんなー。

でも最大の悩みは
母が言わなければ
いつまでもやらないこと。


ここで我慢して
あるいは永遠に見守るべきか
それを放置というかの判断が難しいわ。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ
にほんブログ村
 

土星見えた


本日は久しぶりの天体観測の話です。



土星

土星と月が近づいているらしいわ!

10/24の星空の様子
231025_1



土星の輪を見たくて
天体望遠鏡を買った
と言っても過言ではありません。

GWは満月しか観られなかったけれど
今度こそ土星を観たいです。

今回は観測条件がとっても良いわ。
ゼタの消灯前に
南の空の高い位置に来る。部屋から窓を閉めたまま観測可能。


小さいけれど土星が見えた!
(対物レンズ900mm/接眼レンズ25mm×バローレンズ2倍=72倍)
(接眼レンズ経由でスマホで撮影)

231025_2

かわいい…💕

人の目にはもう少しクリアに見えます。

複眼のスマホが接眼レンズに収まらず
撮影に手間取ってるうちに
どんどん右下(西)へと動いていく。


次回の月と土星の接近は11/20だそうです。

月と近いと探しやすいのよ。

月ほど大きいものなら
初心者でも天体望遠鏡で導入できるから
そこからそっと動かしていって
土星を導入。土星も大きいけどね。


(対物レンズ900mm/接眼レンズ25mm=36倍)
(接眼レンズ経由でスマホで撮影)

231025_3

撮影は難しいけれど、実際には
表面がくっきり見えて鳥肌が立つほど。

それにしても中学受験は

満月は24時に南中するとか
ゼタに使える知識を授けてくれた。

話がそれてしまうけれど日暦算も便利。
来年の家族の誕生日が何曜日か
ゼタが計算してくれる。

中受いいね。



木星の輪



ゼタも天体望遠鏡を覗き込みます。

ゼタ:「これ木星?」

ゆすら:「いや土星」

ゼタ:「木星は輪っかがあるでしょ」

ゆすら:「それ土星な」

ゼタ:「…」

土星と木星の区別もついていなかったわ。
大丈夫かな。

…と、思っていたら。

翌日ゼタが資料集を持ってきました。

ゼタ:「木星にも輪があるんだよ」

知らなかったわ!

10/29に月と木星が接近します。
観たいな。


おしまい。 
- - - - - - - - - - - - - - - -
前回
ゼタ(是太郎。息子)が参加しなかったので
自分語り用裏アカに書きました。

【note】
2023/5/9 リケジョと天体観測する話
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ
にほんブログ村 

【ネタバレあり】二月の勝者19巻を読む息子ウォッチング


本日は
『二月の勝者』19巻の内容を含みます。

ネタバレNGな方はここまでで…。
また次回来てくださると嬉しいです💕


息子ウォッチング


電車での移動中、

ゼタ(是太郎。息子)に
『二月の勝者』の最新巻を渡します。


ゆすらは既読だけれど 
暇なので隣からチラチラ見る。

231023_1

ダメだわ。

これは公共の場で読んではいけない本。

加藤くんのお母様が
手をつなぐ最後を想うシーンは
泣かせにきているとわかっていても
また涙が…。

それからそれから
理衣沙ちゃんの受験したい学校を
急いで申し込む母の姿と
そんな今更すぎる母に対して
ありがとうと言える理衣沙ちゃん…。


って、
ゼタはこういう親子の感動シーンを
全然見てない!

左手がiPadの下の方にかかったまま。
右手も高い位置で高速スワイプ!

231023_2


そもそもゼタは
飛ばし気味で読んでいるのよね。
速読?

シーンによって
ちゃんと読む、読まないを決めてるような。

でも重要な内容を読み飛ばした時は
気づいてページを戻っているわ。

例えば
まるみちゃんの合否情報は
メガネに映る反転した文字だけ。
最初気づかずに、戻って探してた。


ゼタが読む隣で
ゼタの読み方を見ていると

ゼタの興味の対象は
①友達同士(男子)のやりとり

島津くんと上杉くんが話すシーンは
じっくり読んでいたわ。

でも上杉兄弟同士で話すシーンは
ささっと過ぎてた。
家族であって友達ではないから?


それから
②上位者の合否
③権力者の言動

花恋ちゃん(上位者)について
黒木先生(権力者)が女王と称する
ところはしっかり読んでいた。

他にも黒木先生が話すところは
よく読んでいる。


19巻でゼタが一番長く見ていた
シーンはね…

織田未来くんの戦績です。

そこが気になるのね〜。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ
にほんブログ村

懸案だった子ども新聞@中学受験


本日は中学受験における
子ども新聞の購読についてです。


中受の世界ではお子様のために
子ども新聞を購読しているご家庭も
少なくないみたい。

時事問題、大事よね。

いつか社会課題を解決するために
日々勉強していると言っても過言ではないもの。


ゼタ(是太郎。息子)のための
子ども新聞選びは
ゆすらのTodoリストに載っています。

そう、もう1年以上。
リスト上で風景化してる。
そこにあるのが当たり前…



日経新聞

朝日、読売、毎日…
左か、右か、中道か…
好き、嫌い、好き…
選べない。


何とか買わずに済ます方法はないか。
そう思ってここまで来てしまったわ。


結局、ゆすらが購読している
日経新聞電子版から
1日1記事を印刷して
ゼタに渡すことにしました。

ゼタにiPadを渡すのは危険すぎる。


日経新聞では
経済(お金の動き)を通じて
社会や世界を見ることができます。

母はお金というイデオロギーを選んだ。


ゼタが読める記事も多いし
表やグラフが豊富だし
家族で記事について話せて良き。


⬇︎例えばこのような話題を。
231019_2


親のバイアスがかかることや
親が知らない記事に触れられないなど
デメリットもありますが

今まで時事的なものがなかったので
しばらく続けてみましょう。




朝食にて



我が家では
食卓は食事と会話をする場なので
テレビをはじめメディアはなし。
新聞もNGだけれど。


夏に歴代首相年表を一時とはいえ
テーブルにのせてしまった。



朝食はゼタが一番に着席するから
新聞は家族が揃うまで読んでもらい
朝食の話題にしましょう。

それから
一人で食べることが多い
おやつの時間にもどうぞ。


ゼタ:「あ、これ3日前の記事だね」

古新聞だとクレームが来るわ。

でも仏像の記事は4年前のよ。
塾で飛鳥文化を習っていたので
印刷しました。

ゼタにとってタイムリーな話題を
アーカイブから手軽に読めるのは
電子版の良さですね。

(ゆすらは日経新聞の関係者ではありません。)


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ
にほんブログ村
ブログ内検索
プロフィール

ゆすら

夫婦とゼタ(是太郎。息子)の3人で暮らしています。良い食材と旅行が好き。健やかで美味しい毎日を模索中

お問い合わせ
プライバシーポリシー
PVアクセスランキング にほんブログ村