ゼタとゆすらの中学受験2025

遊びを愛し面倒を嫌う男子が中受を通して成長する、日々の記録

2 テスト

【定点観測】6ヶ月ごとの平均偏差値


こんにちは。

今日は久しぶりに塾のテスト結果の話です。



平均偏差値の推移



最近塾のテスト結果を書いていないわ。

データも溜まってきたので
4年生からの偏差値を
6ヶ月ごとの平均で見てみましょう。

(ご注意)
Y軸の目盛ラベルは消していて
最小値はゼロではありません。
全てのグラフのスケールは同じです。


6年前期のデータは3ヶ月分だから参考程度に。

まず4教科におけるMAXとMINの偏差値です。
240514_3


一番できる科目と
一番できない科目の差が
広がりも縮まりもしない状態。

一定の時間枠で4教科をやりくり
していることが表れています。
プラスアルファの時間をとっての
もうひと頑張りをしていない。


次に2科と4科です。
240514_2

うん、継続してバランス型。


さらに細かく、4教科を見てみます。
240514_1


右端の6年前期(参考値)を手で隠すとほぼ横ばい。
6年生ではどうなっていくかな。

理科は5年後期に、
国語は5年の終わりにテコ入れしました。

足元の状況(6年前期)を見ると
伸びているように見えるけど
例年2-4月は5-7月より調子いいので
今後均されるでしょう。

社会は母集団の得点のばらつきが少ないから
高い偏差値は出にくいよね。
全範囲が出題されるようになったら
一旦状況変わるかな。
でもまた本番に向けて収斂していくか。

合格の鍵となる算数がちょっと心配…。

各教科ほぼ横ばいを保ちつつ
4教科の差を小さくしていくと
4科の偏差値は上がる。

これまで懸念の教科をテコ入れする
やり方をしてきました。
最後までこのやり方で。次は算数ね。


(再掲)今年の1月の状況

240118_2


おしまい。

子ども同士の交換採点

こんにちは。

本日は丸つけの話です。

他の方のブログを読ませて頂いて
「うちも!同じ!」
と思ったことをまとめて書きます。



子ども同士の交換採点



ゼタ(是太郎。息子)の塾では
授業内に行われる小テストで
隣の席のお子様と答案を交換して
配られた解答に照らして丸つけをします。

たまに、✖️なのに⭕️がついている時がある。
ので、ゆすらはざっと目を通します。

具体的には
算数や理科の計算問題を除き、全教科で
字の間違いがないか見ています。

漢字や送り仮名、ひらがなの間違いを
そのまま覚えてしまうと
再び見つけ出して修正するのは大変。

今のところ
隣のお子様が男子でも女子でも
エラー率は同じくらい。

でも、
ゼタが堂々と絶妙な間違いをしていて
本人もゆすらもどこが間違ってる?と
二度見をしたことがあって
よくこれを見つけたなぁ
という採点をしてくれたお子様は女子です。

ということは…これから学校別など
男子だけの特訓などが増えてきたら
エラー率は上がるかも知れないわね。

ゼタも採点ミスをしてるはず。
隣の席のお子様の保護者様、
お手を煩わせて申し訳ありません…。



家での丸つけ事情



我が家では公文の頃から
丸つけは親がしてきました。

初期は丸つけをするにはゼタが幼すぎた
という事情でしたが

中学受験塾に入ってからは
解答冊子を渡さない
(我が子を全く信用していないw)
という目的が多分にあったわ。

その甲斐もあり、
算数に関しては解答を写しても仕方ない
という価値観は共有できました。
(国語は解答を写すことさえ面倒がる)

親の丸つけには
無意識でも愛情がこもっているわ。
我が子のために厳しめに、
見落とさないようにというね。

ところが

夫が結構見落とすのよ。特に漢字。

例えば

「皇」

上部を「自」で覚えてた。

これは社会で頻出だから
テストで間違えて
すぐ見つかってよかったけど。

それ以来ゆすらは夫の丸つけもチェックしてる…

ゆすらも愛と厳しさが高じて
算数の答えが合っているのに
×にしてしまう時があって
そういう時はゼタが指摘してきます。

これ、あまり続けてしまうと
↓こうなってしまうので気をつけます。
240513_1



ゼタは国語の直しが嫌すぎて
親による採点を挟んで放置するので
6年生からは
解いたらすぐ自分で採点と直しまで
一気にさせるようにしました。

他はゼタの時間を捻出するため
まだ親が丸つけをしています。

親が丸つけをするデメリットも
もちろんありますが本日は割愛します。


おしまい。

AM&PM受験の移動をともなうランチ


こんにちは。

本日は
複数会場で試験がある日の
ゼタ(是太郎。息子)のランチについて
書きます。


前回の経験


ゼタが5年生の時に
午前と午後でそれぞれ異なる塾の模試を
受ける機会がありました。

お昼休みの間に移動とランチを
済まさなければなりません。

この時は
外食ランチに体を馴れさせるか
家で慣れたものを食べさせるか
迷った末、

やや無理がありましたが
一旦帰宅し家で食べさせました。

準備万端で段取りしたものの
分刻みの、かなり綱渡りのスケジュール
となりました。

これは入試本番でも起こることなので
この時以来、ゼタのランチをどうするか
考えていました。



外食か手作りか


外食は
・混んでいて店を見つけられない
・体調に影響する場合がある

っていうのがあるのよね。
下見しても当日は混んでいるかも。

お店を選べないと食べるものも選べない。
ラーメン屋さんだった場合
ゼタは嬉しくて食べ過ぎたりしそうなのよ…。

できれば慣れたものを食べさせたい。
お弁当を持参するのは
飲食できる場所の確保が必要よね。
公園があればいいけど
お天気に左右されるじゃない。

どうしようかな、と思っていたら…



中学受験2024の先輩


先に受験を迎えられた
中学受験2024の方々のブログを
その視点で読ませて頂いておりました。

そしたら。
複数の方がヒントを下さっていました。

校門をくぐる前にほおばる
親との別れ際に口に入れる

これが目から鱗でね。

立って食べる

という発想がなかった。

お昼ご飯は座って食べるもの
という考えに囚われ過ぎていた。

240511_1


立って食べやすいものを用意するわ!

寒いでしょうから水筒に
温かい野菜スープ(具なし)とか。

そうよね、入試本番のランチの目的は
気分転換と栄養補給よね。

デザートや食後のお茶を
ゆっくり楽しまなくても大丈夫。

ありがとう2024の先輩!


夫:
「午後も試験なら昼は食べない一択だけど」

あなたはね。
ゼタには必要なの。

でもそれ、
ちょっと頭の片隅に置いておくわ。


おしまい。

「◯◯、恐ろしい子…!」の◯◯に入る塾名

こんにちは。

今日は1年前の記事を振り返ります。


ゆすらのブログでは
1週間の人気記事を3件表示しています。

(ご参考)管理画面
240426_3


通常は最新記事が上に来ますが
今月はブログを更新しなかったので
気づけば1年前の記事がトップでした。

今日は3位になっています。
(PC)
240426_2

(スマホ)
240426_5


こちらの記事です。

2023/5/29 『算数の戦略的学習法』を読む(2) 息子が他塾模試で気づいたこと  

この記事では
『算数の戦略的学習法』に書かれていたTipsと
ゼタ(是太郎。息子)が
4つの塾の公開テストを受けて気づいた
ある塾の特徴が符合したので


240426_4

◯◯(塾名)、恐ろしい子…!
と書きましたが

今読み返すと特に伏せ字にする必要は
なさそう。

〇〇に入るのは日能研です。

秋に違う校舎でも受けたけど
やっぱりそうだったって。


おしまい。

息子のテストの出来を見極め、心静かに過ごす方法


こんにちは。

今日は(いつも)雑談です。

テスト終了後の息子の言動から
その出来を推測する話よ。


禁句


中受界では一般に、

テストの終わった子に対して開口一番

親:「テストどうだった

と聞いてはいけないと言われています。

駆け出しの中受ママの頃は
これ以外の言葉を知らなかったけれど。

これをしてしまうとどうなるかは
適宜検索いただければと存じます。


最初にかける言葉は

お疲れ様」「お帰り
お昼なに食べたい?」など、

子の頑張りをねぎらうものが正解で
我が家もこれを守っています。

しかし
テストの出来を聞かない
=テストの出来を気にしない
=テストの結果を知りたくない

ではありません。
聞くのを我慢してるだけ。


⬇︎4年生のこの時も全力で我慢してる。
したら息子が変な話題出してきた。



相変わらず
ゆすらはめちゃくちゃ知りたいです。

結果が良ければ
(母が)心静かに過ごせるから
なるべく早く知りたいわよ。


4年生の頃はそれで喜んだけど
もう一喜一憂の時は過ぎ、
今は心が平穏であるために必要。

悪化してるような。

それではどうやって知りましょうか。



見極める方法


子が自分からテストの話をする場合は
親は聞いてあげて大丈夫らしいわ。

子が話さない場合は
親は子の表情や言動から推測する。

また、
言語化されても
その自己申告が間違っている場合がある。

(例)返却前
230529_1


(例)返却後
221015_1


これを見抜き、
テストの難易度などと合わせて
だいたいの順位や偏差値を予想する。

これは6年生くらいだと各ご家庭で
もうパターンを見出されているよね。

中受ブログでも
「息子が〇〇と言っているので△△」
など保護者の方が予想を補正するのを
よく見かけます。


中受を卒業されていった先輩方のお家でも
本番での出来を子の非言語情報から
保護者様が的確に推測されていたわ。

それに応じて
気分転換させたり休ませたり
何らかの手を打つことができるから
本番に向けて大事な力だと思う。


ゼタ(是太郎。息子)はね、
出来がいい時はテスト後すぐ自分から言う。

ゼタ:「算数できたよ」

ゆすら:「よかったね。頑張ったね」


ゼタの自己申告は大体あっている。
自己採点もゼタがしてるけど
記述も含めほとんどずれない。

よかった教科だけ言うから、
話題にしない教科はよくないってことよ。

ゼタ:「算数できたよ。国語も。社会も」

=理科オワタ

ゼタが言わないところを
聞きたくなっちゃうけど我慢。

ゼタがテストの感想を言わない時は
問題が難しかった可能性があり
そういう時は偏差値が高く出ることが
多いので心は静か。

(母のメンタルが)危ないのは
問題が簡単だった時。

ゼタができた!と思っても
他のお子様はもっとできていることが多い。

メンタルヤバめ教育ママの心の平穏を
保つためには
安易に「できた!」と言わないよう
ゼタの目線を上げておくことも大事。

問題が簡単だと思った時と難しい時での
テスト中の注意点をゼタに伝えています。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ
にほんブログ村
ブログ内検索
プロフィール

ゆすら

夫婦とゼタ(是太郎。息子)の3人で暮らしています。良い食材と旅行が好き。健やかで美味しい毎日を模索中

お問い合わせ
プライバシーポリシー
PVアクセスランキング にほんブログ村