ゼタとゆすらの中学受験2025

遊びを愛し面倒を嫌う男子が中受を通して成長する、日々の記録

④ 社会

佐藤ママさんの1日のスケジュール


こんにちは。

しばらくブログの更新をお休みして
ゆすらはゼタ(是太郎。息子)のため
まとめノートを作っていました。


きっかけは佐藤ママさんの
ある日のスケジュールを見たことです。

⬇︎こちら
ダイヤモンドオンラインの
2020/11/15付記事(アクセス日:2024/3/24)


スケジュールを見た感想:

感想1
寝てない

感想2
自分の時間を使って
子どもの時間を創ってる


感想3
ずっとノート作ってる


今日は、3つめの「ノート」に注目します。


ノート


ノートって何かしら?

佐藤ママ+ノートで検索すると

佐藤ママさんが作っていたのは
・特製ノート
・必殺ノート

ふむ。

この方は
子の性格に応じてとか試行錯誤で
といつもおっしゃっている。

なので全く同じでなくてもいい。
ゼタのために工夫してみましょう。


ゆすらは解き直しノートは作ってる。

【最新】解き直しノートの作り方(小5、11月)


名前はノートですが電子データです。

ゼタ(是太郎。息子)が
テストやテキストで間違えたところを

PCに取り込んで整えて
番号ふって解答つけてリストで管理し
必要なものを検索して印刷する。

確かに手間はかかるけれど
もうそんなに時間はかからない。
まだ何かできるということね。

ふむ。

これを作っていない教科があるわ。


社会です。

解き直しノートは必要と思わなかった
でもまとめノートならほしい。

社会のこれだけあればという一冊
コアプラスへの書き込みで作ろうと
思ってたけどやめる。

社会のまとめノートを作ります。



まとめノート


中受ブログでもたまに見かけるわ。
保護者様がまとめノートを作るのを。
気になってはいました。


親が作るか、子が作るか。

ゆすらは
社会と理科のまとめノートは
あった方がいいと思うけれど

我が子はまとめノートどころか
授業ノートもとってないし
式を書く書かないという段階にいます。

だからまだ作れないだろうし

その時間があったら
塾で授業をよく聞いて
家ではよく寝て
起きてる間は問題を沢山解いた方がいい。

ゼタ本人が作る過程で頭を整理するのであり
ゆすらが作ってあげるのも…と思っていました。

でも、
佐藤ママさんのスケジュールを見て
発想を変えました。

まとめ作業は勉強の過程という考えは捨て
成果物をゼタが利用できればいい。

テキスト、資料集…色んな教材に
情報が点在していて重複もあります。
これでは調べるにも時間がかかるわ。

ゼタの時間をセーブするために
ゆすらの時間を使って作ります。

MECE(モレなくダブりなく)な
まとめノートを作りたいと思う
今日この頃です。


おしまい。

写真は去年撮った厳島神社です。あれからもう一年。
230329_6

- - - - - - - - - - - - - - - -

テコ入れは順番に。社会に潜む弱点

おはようございます。

2月はゼタ(是太郎。息子)の
5年終了時=6年開始時の
各教科の定点観測をしています。

最後は社会です。



社会に潜む弱点


社会だけまだ解き直しノートも
弱点マップも作っていません。

でも社会の弱点分析も必要だと
最近思います。

一定以上の点が取れないから。

点数も偏差値も安定しているけれど、
ミスが必ずあることまで安定してる。

特に歴史は覚えるだけなのに。
ゼタは歴史が好きだしよく知っていると思う。
漢字も問題ない。

以前に比べてテスト前も
母は格段に楽になりました。

父と子で問題を出し合っているのを
家事をしながら聞いているだけ。

240216_1


なのに。


一通り覚えているはずなのに
テストではミスがなくならない。

算数ではミスがほとんどないので
ゼタが全般的にミスをしやすいというのではなさそう。

処理能力の限界でミスは起こるから
社会は時間が足りないのかしら?

本人に聞いてみた。

ゼタ:「時間?めちゃくちゃ余る」

違った。


でも余った時間を相変わらず
見直しに使ってないことはわかった。

(再掲)終わったらぼーっとする息子
230814_1


社会のテスト直前対策は
口頭で一問一答をしてきたけれど、

(再掲)ゼタが好きなひととき
231000_2

アウトプットの練習としては不十分ね。

次回はテスト前に書かせてみる。


社会の弱点は他の教科と違って
単元という切り口ではない気がする。

特定しにくいわ。
もぐらたたきになりそう。



社会の解き直しノート


社会の解き直しノートは今のところ
要らないという考えのままです。

・コアプラスへの書き込み(正誤の印含む)
・テーマごとまとめノート
・年表ノート

は必要になってくるかしらね。
まだあまり調べていないけれど。

本番までに「これさえあれば」という一冊を作るのよね?

コアプラスの知識だけで
開成中の問題を何割解けるか試した
ブログ?があって
そこでは3割程度と書かれていたような…
だけどその記事が探せない〜。


話が社会からそれますが

ゼタの解き直しノートの開始時期
・新5年開始時〜 算数
・5年夏〜 理科
・新6年開始時〜 国語


それぞれのタイミングは
必然だったように思います。

早すぎてもゆすらが意義を理解できなかった。

算数と理科は4年以降の内容
国語は5年以降の内容で作ってる。

4年時の国語の読解力を今と比べても
あまり参考にならない気がするし。



大学入試共通テスト


ところでゆすらはセンター試験に
日本史を使いました。

その記憶をもとに
ゼタの学習内容を見ていると…

中学受験の日本史って
大学受験生と同じ内容を学んでるよね。
広さも深さも遜色ない。

今度ゼタと一緒に
共通テストを解いてみようかな。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - -

あっちゃんとタカシくん


今日は中受関連動画の話です。

いつも動画を使うわけではないけれど
動画を使う方が深まる単元がある。

現在、社会と理科で視聴しています。


Youtube中田大学



社会は歴史になってから
ゼタと動画を見ることが増えました。

歴史では中田大学が母の好みです。

なぜなら。

止まらないトークと勢いで
ゼタを笑わせてくれるから。

ゼタはあっちゃん(中田敦彦さん)が
好きになりました。

おかげで真似をして…

歴史上の出来事を技にして繰り出します。

ゼタ:「大政奉還!

ゆすら:「王政復古の大号令!」

ゆすらもお付き合いします。

231214_2



これ、とっても教育的でね。

ゼタ:「からの〜五稜郭の戦い!

ゆすら:「榎本武揚!

ゼタ:「違うよ。ママは新政府側なんだからその技は使えないよ」


どちらがどういう時に繰り出す技か
頭の中で整理される。

このようにゼタが
歴史の背景にある流れを理解して
用語を覚えていくと学習はラクです。


動画は勉強時間に入りません。
勉強時間を短縮するためのものよ。

母にできることは遊び(戦い)に
お付き合いすることだけですが

231214_1

夫:「ただいまー…」

見られた。
これは恥ずかしいわ。

ゆすら身体張ってる。



あっちゃん



ゼタはあっちゃんの言うことに
絶大な信頼を置いていて、

幕末〜第一次世界大戦に至るまで
日本と武器や軍事で協力したのはどの国か
という時もぶれずに

ゼタ:「イギリス」

ゼタ:「ず〜っとイギリスってあっちゃん言ってた」

幕府側はフランスだったことを押さえれば
その覚え方でいいでしょう。

でも…

ゆすら:「ターヘルアナトミアはどこの国の書物でしょう」

ゼタ:「イギリス」

とりあえずイギリス
って言うな。


語感が明らかに英語ではないでしょう。


小学館『日本の歴史』で調べてる。

ゼタ:「ドイツのがオランダ語に翻訳されたものだった」

細かいことまで載ってる学習まんがです。
さすが大学受験まで使えるという触れ込み。



タカシくん



理科は
中学受験Restartのたかし先生の動画が
コンパクトで無駄がありません。
有り難い〜。

あっちゃんは
ずっと喋っているけれど
同じことを繰り返しているし
視野を広げてくれる発散系。
時間があったら観ましょう。

たかし先生は
その方向性とは真逆の無駄のなさ。
時間がない時こそ観せたい。

動画の中でたまに出てくる
「タカシくん」がゼタは好きだし
先生を信頼していて話に耳を傾けます。

親の小言が通りづらくなった今、
これが有り難いです。

苦手なところに関する親の役割は
お互いイライラしながら教え込むより
子に合った動画を探して見せること
に変わりました。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ

『日本列島改造論』公民が織りなす地理と歴史のハーモニー


本日は親子の読書の話です。


ゼタ(是太郎。息子)が
地理や歴史の大部分を終え、
これから公民を学ぶにあたり

こちらを読みました。

231128_1

田中角榮『復刻版 日本列島改造論』
日刊工業新聞社,2023



親が読む



先にゆすらが読みました。

田中角榮元首相は高度経済成長期にあって
ゼネコンや利権のイメージがあったけれど

この人は一貫して
人口の過密(都市)と過疎(地方)の問題を
解決しようとしていたことが分かります。


経済成長する時は自然と
地方から都市に人が集まってしまう。

それによって
地方にも都市にも弊害が生じる。

国土のバランスを保とうと
全体を見ていた政治家だわ。

自然に抗うのは
なかなか難しいかもしれないけれど。


背景にある思想がわかると
全ての施策が一貫して見えてきます。

新幹線、連絡橋…
色々なものを作った。
231128_2

田中角榮『復刻版 日本列島改造論』日刊工業新聞社,2023
p155より引用



自分の選挙区だから新幹線を敷設したと
思ってた。それもあるでしょうけれど
全体の一部だったのね。


自然に抗うだけでなく
書籍中ではなぜそこに工場ができ
工業地帯が形成されたのかなど、
地理と歴史の必然性も見せてくれます。

関ヶ原みたい。


ゼタにもお薦めしよっと。



息子が読む



地理で習ったことが為政者の視点で出てくるわよ。
面白いわよ。

ゼタ:「面白くない!

アラ…そう。


ゼタ:「自慢ばっかりだよ」

確かにね。
冒頭の、
「刊行に寄せて」みたいなところね。

ご自身がいかに様々なことを成し遂げて
満足しているかという内容だったわね。

ゆすらは気にならなかったけれど
分別あるはずの成人男性の自慢話は
小学生にさえ反感を買うのね。


結局、ゼタが地理や歴史で習っていて
読みやすそうなところに付箋をつけ
そこだけ読ませました。

過保護は続くよどこまでも。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ
にほんブログ村

【定点観測】4科(小5、11月)


前回の2科に続き
本日は4科の話です。


ゼタ(是太郎。息子)の成績は

2科が4科を牽引するスタイルなので
(2科/4科>算/国>社>理)

2科が下降トレンドなら4科も同じ。

さらに5年後期は2科だけでなく
理科と社会も下がっているよね。

(再掲)
231115_3

2科はゼタに下降トレンド(事実)と
全体の勉強量が少ないこと(ヒント)を伝え
行動が変わるか様子をみることにした。

理科と社会に関しても
取り組みのヒントを探しましょう。



理社の偏差値推移


(以下3枚のグラフでY軸のスケールは同じです)
231115_1

231115_2

231115_3


アラ?

社会は意外と安定しているのね。
低め安定。


改めて分散を見てみましょう。
231115_4

いや、理科の飛び跳ね方よ。

(修正とお詫び)
2023/7/3記事「教科別の記事数と偏差値の関係」で分散を計算する際、データに他塾模試が含まれており修正しました。本文には影響ありません。ごめんなさい!



どうする


ボラティリティ(変動リスク)の
大きい方を何とかしましょう。

引き続き理科に時間を使います。

夏以降、取り組んではいるけれど。
効果は…効果はまだか。

年内取り組んでみてそれでもダメなら
やり方が悪いので塾に相談してみる。

全単元が終わって
色んな知識を動員するようになった時に
どれだけ理科のばたつきを抑えられるか。


社会はまだまだ暗記が多いから
一部は忘れるだろうし
テストの度に完璧に仕上げる労力を他に回す
という意味で省エネモード継続でいいかも。

スパイラルでまた出てきた時に
「あー、あったねそういうの」となればOK。
今は漢字が書ければOK。



おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ
にほんブログ村
ブログ内検索
プロフィール

ゆすら

夫婦とゼタ(是太郎。息子)の3人で暮らしています。良い食材と旅行が好き。健やかで美味しい毎日を模索中

お問い合わせ
プライバシーポリシー
PVアクセスランキング にほんブログ村