ゼタとゆすらの中学受験2025

遊びを愛し面倒を嫌う男子が中受を通して成長する、日々の記録

3 学校選び

【学校選びDAY9】2025年度生徒募集要項を読む


本日は受験校リストと情報収集の話です。


2025年度の生徒募集要項が
公開され始めています。

試験日と出願期間を控えながら、

中学校の情報公開に自分で気づいて
最新をチェックし続けるって結構大変〜
と思いました。

説明会の申込開始日が未公表の場合
定期的に見に行く必要がある。
(その後はクリックで争奪戦だから)

第一志望校だけなら大丈夫だけど
受験する可能性のある学校は全部です。



志望校リストの見直し


4年生の時に作った
ロングリスト(全中学校)と
ショートリスト(志望校)。

2022/6/23【学校選びDAY1】リスト作り


あまりに長いショートリストは
情報収集も大変です。

具体的な受験スケジュールを考えて
ショートリストを更新しました。

志望校のショートリスト、
今何校くらいでしょうか。

一人当たり出願校数の平均は
塾や媒体によって様々なれど
2024首都圏入試では

ダイヤモンドオンライン5.3校
朝日新聞デジタル4.6校
首都圏模試センター7.19校

早稲アカの中学入試報告会では
7-8校と聞いたわ。

前期の段階では保守的に幅広くみるよね。

後期になったら一段と現実味を帯びてきて
7-8校程度に収斂していくイメージを
持ちました。

ゼタ(是太郎。息子)のショートリストは
各受験日で3校ずつくらい。それぞれの日で
難易度を3つに分散させました。

1月 ×3
2/1 ×3
2/2 ×3
2/3 ×3
2/4 ×3

これに加えて今回は特に
午後や2/5以降に試験がある学校を
重点的に見ました。

未訪問だったり情報収集が足りていない
学校があります。

もし中々合格がもらえなくて
志望校が残念だった後も受験を継続する時に
ゼタもゆすらも初めて行く学校を受けることになったらきっと心細いよね。

親だけでも事前に各学校の
好きな所を見つけておくね。
行くと好きになることも多い。


また、4、5年生で訪問済みでも
秋になると6年生向けの入試説明会
開催する学校もある。
これは、行った方がいい…のよね?



本人が見るべき学校


やりたいことがたくさんある小学生。
半日などのまとまった時間は貴重です。

受験する学校には一度連れて行きたい。
でもまだショートリストが長い。

受験校を見極めようとし続けて
現実が見えてきた時には
説明会は終わってるというリスクよ。

まだ余裕のある前期と
最後のチャンスである秋に分散させる。
なんの秘策もない、普通の対応…


追加で見るべき学校をまとめると


・早めに、網羅的に

ゼタ
・理想:遅めに、最小限に
・現実:前期と後期に分散



合格後の登校日情報


2025年度の生徒募集要項には
合格後の入学予定者登校日
も載っています!

旅行もさることながら
英語や水泳の集中特訓の日程を組むのに
ありがたいです。


おしまい。

【学校選びDAYs】バックナンバー
【学校選びDAY1】リスト作り
【学校選びDAY2】男子校推し
【学校選びDAY3】国・公・私立 
【学校選びDAY4】進学校と附属
【学校選びDAY5】偏差値 
【学校選びDAY6】撤退基準
【学校選びDAY7】完全型と併設型
息子が地元中学に行きたいと言わなくなった理由 
【学校選びDAY8】親の価値観

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ

聖光祭


本日は文化祭の話です。

先日、聖光学院の文化祭にお邪魔しました。

ゼタ(是太郎。息子)は初めての訪問です。



聖光v.s.麻布


大手を振ってゲームができる絶好の機会です。

聖光e-sports同好会の展示に行って、

ゼタはスプラトゥーンを選んで
あっという間に負けていたよ。

部員チームv.s.来場者チーム
だったのかな?圧倒的な強さね!


そして小講堂でのイベント、
聖光学院と麻布のスマブラ対決も
観にいきました。

麻布の皆様は…麻布っぽいね。

対決は大将戦で聖光学院が勝ち
文化祭に華を添える
美しい形で終わりましたが…

私ったら
無意識に
麻布を応援してた


判官贔屓なのかしらね
挑戦者側を応援しちゃうのよね。



投票した展示


次はね、
待ち受ける聖光生と赤外線銃で戦う
早撃ちゲーム。

お兄さんたちが
「やられた〜」
って言って倒れてくれる。

反応があると子どもは嬉しい。

毎回これをやってくれるから
半端ない運動量だと思うわ。

なんてジェントルなの。

ゆすらはこの展示に投票しました。


聖光祭は全般に
校舎のつくりのためか、曇天のためか
企業並みのオペレーションのためか
混雑していても余裕があって

この他にもたくさん見たり体験したり
することができました。

長い展示の列にならんでいる時に
「焼き鳥など屋台がすいている」という
放送があったから離脱して屋台へ。

文化祭で何か食べられたのは初めてです。
クロークのある文化祭も初めてです。

ため息が出るほどいい学校でした。


そして恒例の…


そこで学ぶ我が子の姿を


想像してみた。

いつでも探しているよ
どっかに我が子の姿を

♪外廊下の先
240502_1


♪グランドの芝
240502_2


♪ジェンペン君と見つめあう是太郎
240502_3

うん、
想像できた。


そこで学ぶというか
そこに通う我が子の姿はどうかしら。

通えるの…?

という疑問に
交通研究部の展示が答えてくれます。

在校生がどの駅から朝何時の電車に
乗っているかを表す展示
240502_5

どこまで気が利くの…。

算数と理科の
【非公式】2025入試予想問題も頂くなど。
240502_6



大変お世話になりました。


おしまい。

過去問いつから問題


こんにちは。

本日は、いつから過去問を始めるか

という話です。


早い人


中受の
先輩方のブログを徘徊していると

すごい…
何十年分も解いたという猛者がいる。

6年生になったらすぐ開始、という情報も。

先取りなどで既に
穴が埋まっている優秀層かな。
でもそういう人はそんなに多くなさそう。

早く始める人は
学習の穴を過去問で見つけて埋めながら
進むのかもね。

もしくは志望校がもう決まっていて
そこに合格することを念頭に
出題されるところを集中的に勉強する
という選択をしたご家庭とか。


過去問をテストとして使うか
(できること前提)

最初から教材として使うか
(できないこと前提)

どちらもありだわ。


中受の言説で
・過去問を解きすぎると落ちる
・過去問を大量に解かないと落ちる
なんて見たことないし

子の状況に応じてできるならやればいいね。


ゼタの場合

ゼタ(是太郎。息子)の場合は
前期はひたすら弱点補強です。

ある程度穴を埋めてから
過去問に取り組むことにするわ。

自塾のカリキュラムに乗るのが
最も効率的と信じて
塾に従います。
夏休み明けかな?


志望校の合格もとても欲しいけれど
中受を通して基礎をしっかり作ることも
ゼタにとって価値あることだから
まだゼタは 学習範囲を狭めなくていいと思う。

ただし親(ゆすら)は
過去問を早めに見ておく必要があると思う。

ゆすらがいいなぁと思う学校の過去問では
雛飾りなど日本の四季折々の行事や
配膳の仕方など出題されているのよね。

学校が子どもだけでなく家庭も選んでいる …と感じる瞬間です。

春を感じられる受験前最後のイベントは
どんどん終わっていくわ。

はぁ(ため息)。

まぁいいか。



ところで。

ゆすらの手元に
巣鴨の算数選抜(2/1午後)の
過去問があります。
240327_1

見学に行った時に買いました。

もう解かせてもいいかな?

揺れ動く過去問の方針と中受ママごころ。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - -

SAPIXと早稲アカの入試分析会に行ってきた感想


こんにちは。

題名の件ですが先日

・SAPIXの中学入試分析会
・早稲アカの中学入試報告会

に行ってきましたので感想を書きます。

内容の報告などという
有用なブログではないので悪しからず。

240314_1



塾の熱意


どちらも以下の構成で所要2時間でした。

① 2024入試概況
② 入試問題分析(教科別)

スピーカーは①が1名、②は教科毎に1名、
計5名でした。

スピーカーのパーソナリティに
左右されるところが大きいと思うけれど
ゆすらはサピの方が熱いと感じたわ。

実際に学校を見に行って!とかね。

中学校の先生が入試問題を通じて
伝えたいことの解説とかね。

これを受けて塾がすることは
予想問題を作って塾生に解かせること
と表現すると味気ないけれど

塾の先生方の仕事は
中学校の先生の思いを汲むところから
始まるのね。

合否は偏差値だけでは占えないことを
明確に告げられたサピ説明会でした。



教科別/学校別の入試問題分析


どちらの塾の入試問題分析でも
特徴ある入試問題を取り上げるので
難しくて当然なのかもしれませんが

小学生がこんな難しい問題に
取り組むんだね、すごい〜。

という感想に尽きます。

塾の算数の問題などは
とうの昔にゆすらの能力を超えていて
自然とゼタ(是太郎。息子)に
尊敬の念が湧いてきます。


会場で頂いた入試問題分析資料は
早稲アカのものが充実していました。

教科別に加え学校別の切り口もあり
見やすくて良かったです。

さらに男子校、女子校、共学校別
の出題分野分析表付き♪ 嬉しい。


関心のある学校を見た後は
男子校、女子校、共学校それぞれの
出題分野分析表のページに指を挟んで
パラパラ漫画風に何度もめくる

もしくは切り取って重ねて透かして
メタ視点で分布の違いを楽しむ。

変態。
会場ではしてないわよ。

ゆすらはヘンタイなので
色んな分析の切り口を見ると嬉しくなります。

特に集計に労力がかかるものは
公開データであっても
なかなか目にすることがないので嬉しい。



2025入試の出題傾向


子どもたちの教育や成長に関して
中学校が課題に感じていることを
知りたいなと思いました。

時代に沿った日本の教育アップデートに
家庭からも貢献したい

とかの高尚な思いではなく

中学校の先生方が憂えていることは
入試に出るから

という羽より軽い教育ママの発想です。


塾の分析や対応力には及ばないけれど
家で会話したり体験できることも多いから。

塾もいつだったか言ってたよね。
家で親子で話すことが大事だって。

⬇︎2年前の塾のアドバイス(新4年、3月)


6年生ともなると、とっくに
親を超えている部分もあるけれど

小学生のうちはまだまだ親の経験から
分け与えられることもあると思う。


そして気づいて震える…

中学受験2025の入試前最後の
季節のイベントが
次々に終わっていってることに…

次の節分、立春、雨水、啓蟄は
受験が終わった後です。

菜の花!菜の花はまだ売ってる?

季節のものを出すのもいいけれど

何でも一年中手に入る世の中です。
季節感のない野菜を食卓に出さない
という方が難しいのよ。

野菜の旬に関するゼタの珍回答はすごい。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - - -

中学受験2025の横顔


週末ですね。

先週末はテストだった塾が多かったみたい。

ゼタ(是太郎。息子)もそうでした。
今週末は心身ともに疲れを癒したい。

今日はつれづれに
中学受験2025の同級生に思いを馳せます。


中学受験2025の横顔


中学受験2024の先輩方が受験を終えられ…

多くの保護者様がブログも卒業され…

ゆすらのアメブロのフォローフィードも
淋しくなったけれど。


まだまだ中学受験2025の皆様がいる。

心強い存在です。
最初から最後までいてくれる!

そんな、
2025目指して一緒に走る
中受ブログ界の保護者の皆様。

その横顔をそっと見ると…

…?!

名称未設定 569-2


中学受験2024の
保護者の方が
いらっしゃる!


先月終わられたはずでは?

下のお子様(2025や2026)が
いらっしゃるのよね。

これを2年連続だなんて心からいたわりたい。
お疲れ様です!

淋しさも吹き飛んだ。



中学受験とSNS


中受をされるご家庭のうち
SNSで情報を出しているのは
ほんのひと握り。

子の情報なのだから当然よね。
出さないのが正解だと思う。

ただ世の中そういう風には回らない。

みんな玉石混交でいいから情報が欲しい。
ちょっと盛っていてもいいから
日々の細かい情報がいい。

需要があれば供給もある。

供給する側が欲しい対価も情報だったりして
交換したりする。
アメブロのアメンバー相互承認とかね。

自分で書くことでアンテナが高くなり
辿り着けた情報もある。

ある保護者の方が書いていらしたけれど
ブログ書いてなかったら
親がすべきサポートも知らず
塾にお任せで終わってたって。
本当にそれです。

ここでゆすらが書くゼタのサポート内容は
リアルで会う人に話したりしないし

「ちょっとこの年表(注1)見てくれます?」

とか絶対言わないわよ。狂気。

(注1)年表

年表はその後、出身県の情報を追加したり
鎌倉時代まで遡ったりしています。

ゼタの総理大臣の覚え方ですが
この手作り年表を見ながら

ゼタ:「お、から始まるのは何人?」

ゼタ:「首相を出してない県は?」

クイズをしているので何となく
覚えられそうではあるけれど

ゼタは中田大学のあっちゃんのファン。
そのあっちゃんと同じ覚え方が
母のオススメです。

「いくやまいまい…」っていうように
総理大臣の頭文字を取っていくの。

完璧じゃなくても色んな覚え方をしておくと
思い出すためのヒントが多くて役立ちそう。



中学校で会う


中受ブログを書かれている
2025の保護者様のお子様のうち
何人かはきっと同じ学校に進み
6年間を共に過ごすと思うと感無量。

リアルではどなたの
ご子息ご息女かは分からないけれど
愛情深く大切に育てられていて
ご家庭それぞれに色んな体験を
させていらっしゃる。

ゼタもそんなお子様方と学べる
日々が来ると思うと
勉強以外の面も大切にしないとな
と思います。

今(小学校)も楽しそうだけれど
中高一貫校もきっと楽しいよね。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - -

ブログ内検索
プロフィール

ゆすら

夫婦とゼタ(是太郎。息子)の3人で暮らしています。良い食材と旅行が好き。健やかで美味しい毎日を模索中

お問い合わせ
プライバシーポリシー
PVアクセスランキング にほんブログ村