ゼタとゆすらの中学受験2025

遊びを愛し面倒を嫌う男子が中受を通して成長する、日々の記録

⓪解き直しノート

4年生で苦手だった単元はスパイラルでどうなったか


中学受験におけるスパイラル方式とは、
同じ単元を繰り返し習うことです。
中学受験塾の多くで採用されています。

塾でも解き直しノートでも
繰り返し出てくる苦手単元。

今日は4年生で苦手だった単元が
6年生になってどうなっているか
ゼタ(是太郎。息子)の場合を書きます。



算数


4年生で苦手だった単元は、6年生でも苦手。

基本が入っていないと何度やってもダメ。

結論キタ。

スパイラル方式とは
✖️「後でまた出てくるから大丈夫」ではなく
⭕️「次回までにできるようにする」だったと
6年生の今になって知る。終わった…。

スパイラルで再登場する時には
応用が入って少し難しくなっていたりして、
4年生でやったことをそのままもう一度
教えてもらえるわけではない。

親から見ると再登場だけど
ゼタにとっては
「スパイラルじゃないよ、新しいんだよ」
ということらしい。

ゆすらが「また出てくるから大丈夫」と
思っていた弊害として
「新しいから今はできなくてもいい」
とゼタが勝手に解釈するようになりました。

習うたびに理解して積み重ねていかないと
受験が近いのに戻る必要が出てくるわね。

ゼタは特定の問題の基本の解き方を
押さえていないものがある。

図形と時計が多いかな。
あとサイコロ系。

それらは、
4年生時点で正答率が80%の問題でも
今でも解けない。

というか、
正答率80%の基本中の基本だからこそ
解けないというのがわかる。

いいわ、基本に戻りましょう。

って今までならゆすらが先陣を切って
積み木と時計とサイコロを用意していた。

(今回も用意してはある)
240607_1



ゼタで問題なのは
わかんないできないを連呼して涙目になって終わってること。

じゃあどうする、を
自分で考えて解決してほしい。

当時の教材等で調べるすべはあるのだから。
ヒントを出せば解けるのに、甘えてるわ。
そういうふうにヒントを与えお膳立てし続けた責任は感じております。


比を使える問題は別で
4年で解けなかった問題が
簡単に解けるようになった。

角度も登場時は苦手だったけど
複合図形の面積問題で必須でさすがに克服。

スパイラルではない方が良かったかというと
そうでもなく、
得意でも不得意でも一つの単元にあまりとどまらず次に行くのは
ゼタには合っていたように思います。



国語


あまりスパイラル感ない。
線形の積み重ね感すごい。


理科


これはありがたいのです。

「天体>星」は4年生では苦手だったけれど
その後、家での特訓からのスパイラルで何とかなってるわ。

算数と何が違うかというと
基本をおさえたかどうかだわ。

正しくスパイラル方式を使えた。
偶然だけれど。

一方、スパイラルのたびに同じ間違いをした知識系は、何度でも同じように間違える。
モンシロチョウの羽の模様や昆虫の足の図。

是太郎や。
生き物が好きなんだよね?


間違いが定着しちゃったのって
どうすればいいの?



社会


綺麗さっぱり忘れています!

聞いたことあるな〜くらいでいい。
最後に詰め込むわ。

でも最後っていつ?

社会のラストスパートをかけるのはいつか
調べてみます。


おしまい。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ

4年/5年/6年。解き直しノートまとめ


是太郎(=ゼタ。息子)は6年生。
2月の受験まであと8ヶ月となりました。

6年生になってますます
短期、長期の復習に効果があると実感する
解き直しノート。

形式や作り方は各ご家庭で様々なれど
我が家の場合について書いた記事を
以下にまとめます。



記事カテゴリ追加


記事カテゴリ
「1 日々のレベル上げ」の下に
「⓪解き直しノート」を追加しました。


・スマホ
この記事の下までスクロールした所です。

240602_2



・PC
左上の検索窓でもいいけれど
右側の赤枠部分でカテゴリを選べます。
240602_1



記事一覧


以下に古い記事から時系列で載せました。
試行錯誤で作り方を変えているので
新しい方が正です。


【4年生】
2022/10/15 甘い自己採点と大嫌いな解き直し
ブログに「解き直しノート」の言葉が出た最初の記事です。
この時すでにその必要性を感じています。

2023/1/13 【解き直しノート作りDAY1】設計
2023/1/14 【解き直しノート作りDAY2】テキストコピー、最初にとるか後からとるか
2023/1/15 【解き直しノート作りDAY3】メタデータ
2023/1/16 【解き直しノート作りDAY4】教科別
新5年生になる前に作ってみました。
まずは算数と理科。
コピー機とハサミとのりを使って
ルーズリーフに貼り付けています。
解答を裏面に手書きしています。
保管にリングファイルを使っています。

2023/1/25 コピーが嫌なら写真を撮ればいいじゃない
ここでコピーを辞めて宿題スキャナーを導入しました。

2023/1/26 声の教育社の出題分野分析表

解き直しノート管理に欠かせない
単元IDの作成を試行錯誤しています。

2023/1/28 1月のテスト結果と解き直しノート
作り始めたばかりの解き直しノートを
使い始めてみました。


【5年生】
2023/2/14 解き直しノートの使い勝手や感想
1ヶ月が経ちました。
この間にハサミとのりを辞めパワポ的なもので切り貼りし原本は電子データ。
解答はスピーカーノート欄に記載しています。

2023/11/4 解き直しノートのラストワンマイル
さらに春、夏、秋が過ぎ…
この頃には解き直しノートの管理は完全にスプレッドシートに移行して、解答もそこに記載しています。
リングファイルを辞めてアコーディオンファイルに、ルーズリーフを辞めてコピー用紙になっています。

2023/11/10 難易度別の誤答数を復習に活かす(算数)
解き直しノートには問題の難易度も記載しています。
正答率何%の問題を優先的に解き直すのがいいか有識者が式で教えてくれました。


【6年生】
2024/2/5 算数と国語の単元
我が家の解き直しノートの肝である
単元IDをアップデート。

2024/2/16 テコ入れは順番に。社会に潜む弱点
社会はこの時もまだ作成の必要を感じていません。一方、国語は作り始めました。

2024/2/22 付箋とり
4年生の時から積み残してきた問題でも
解き直しノートを作ることに決めました。

2024/4/29 解き直しノートの残量を可視化する
解き直しノートの在庫が膨大になったので
残量をリアルタイムに可視化しました。

2024/5/20 宿題スキャナーと図形
2024/6/1 宿題スキャナーで図形の網掛け部分を読み取る方法
神アプリの弱点である、図形の網掛けが消えてしまう問題に対応します。



おしまい。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ

宿題スキャナーで図形の網掛け部分を読み取る方法


こんにちは。

今日はこちらの記事↓の続きです。



手書きの文字を消してくれる
宿題スキャナーというアプリで
図形の網掛け部分まで消えてしまうのを
何とかします。



結論


上手くいく方法について、
さっそく結論を書きましょう。

図形だけを接写する。


デメリット
自動シャッター機能が使えない。
画像ファイルを扱う手間が2倍になる。

メリット
後から編集するより簡単。



Tipsを共有


それでは試行錯誤で得られた
気づきやコツを書きます。


まず、宿題スキャナーでは
撮影前にPDFやjpgなどのファイル形式を選ぶことができないことを確認。

ふむ。ソフトウェアの設定で対応することはできないのね。

濃いめの網掛けはスキャンできることもあるから
コントラストの問題かしら。

ということで
前回同様、薄めの網掛けの例として

『中学への算数 ステップアップ演習』
東京出版、
2022年第20刷
p150

を使わせて頂き作業をします。

240601_2

ゆすらは赤で囲んだ部分をスキャンしたいです。
・問題文
・図形
・ページ番号
一度の作業で数十問を扱うのでページ番号もほしい。


以下の環境で試しました。
・LED
・自然光
・暗闇(フラッシュ使用)

どれもダメだった〜。

240601_1

網掛けは綺麗さっぱり消えました。



ページ全体をスキャンするのを諦め
図形に近づけるだけ近づきます。

このくらい。
240601_5

シャッターは自分で切る必要があります。

…できた!
網掛け部分がはっきり残りました。

240601_4

ゆすらはこれをパワポ的なものに貼り付け
1問=1枚のとき直しノートを作ります。
問題文と図形を分けることで
貼り付けやトリミングの手間は2倍になります。


ちなみに↓このように

240601_3

網掛けの一部にスマホの影がかかると
失敗します。


↓こうなったり
240601_6
↓こうなったりします。
240601_7

思い切って図形全てにスマホの影をかけたらどうなるかな?

↓こうなった。
240601_8
ダメだったか。

スマホの影問題は
ブログの写真を撮る時と同じように
ちょっと離れてズームすると解決します。



成功すると欲が出ます。

ページ番号は諦めるから
せめて図形の横にある問題文を一緒に撮れないかな?

こんなアングルで読み取ります。
240601_10


結果。
240601_9

できないのねごめんなさい。


おしまい。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ

解き直しノートの残量を可視化する


こんにちは。

本日は
ゆすらがせっせと作っている、
解き直しノートの話です。


解き直しノートの残量


算数はテスト+テキストから
理科はテスト+テキストの一部で
ゼタ(是太郎。息子)が間違えた問題の
解き直しノートを作っています。

ゼタはもう6年生。既に相当な枚数です。

毎日2枚ずつ取り組んでいるけれど
これ…受験本番までに終わるのかな。


リアルタイムで残量を見られるように
しました。

(図)本日時点の状況
240429_1


青線に白抜きのグラフは作成枚数で、
色つきグラフはゼタが解いた/解く枚数。

青塗りは解き直し完了の枚数。

黄色が示すものは
解き直したけど再度間違えた数です。
大事な内容であればもう一度解くので
グラフは色つきの方が高くなります。

グラフの赤い部分の枚数を
あと9ヶ月(約270日)で解いていきます。

4年生、5年生のテキストで
まだ作成していないものもあるから
赤い部分はまだ増えるのよ。

作成はしているものの
簡単すぎたりマニアックすぎたりする
問題はもう解かせないので
今のところ1日2枚ずつで大丈夫。


それにしても…例えば算数だけれど
間違えた問題だけで802。
10問に1問間違えたとしても問題総数8000。
ここにマスター1095題3冊を足してみると
今までに取り組んだ問題の総数は1万超。

数は塾や使用教材によりますが
ゼタも中受生もすごいね!


6年生でこそ使いやすい


5年生など新しい単元を学習するときは
解き直しノートは授業とテストまでの間に
ゆすらが急いで作ってゼタが急いで使う
ということをしていました。

このような短期的な復習は効果ありました。

でも続けるのはなかなかに負担でした。
なにしろ作成も解き直しも間に合わない。

でも6年生になり
あの時の単元にまた会える
という状況になったので

後手後手で作っていた
解き直しノートのストックから
その単元を選んで使うことができます。

これは4、5年生の復習と現在のテスト勉強
を兼ねるので大変便利で効率的ではあります。

効果的かどうかはまだわからないわ。

今まで作ってきたのは
6年生で使うためだったんだ…
と思えるほどの効果が出るといいけれど。

4年生で苦手だった単元は
6年生になると自然とできるように…
はなっておらず(そんな魔法はなかった)
当時の解き直しノートが今も解けないのを見て
「今回のテストは苦戦する〜」
と親の心の準備ができるくらいかな。


なので、テスト前の大量消費もいいけど
1日2枚の積み重ねを続けます。

放っておくとゼタはすぐ溜めるから
算数と理科それぞれ1日2枚ずつといえど
続けさせるのはなかなかに骨の折れる
ことでございます。


おしまい。

付箋とり

本日は塾の教材につけている付箋の話です。

我が家では宿題など解くべきところに
付箋を貼り、
丸つけをして間違い直しまで完了したら
付箋を外しています。

付箋が付いているということは
ゼタ(是太郎。息子)が解くべき
未完了の箇所があることを示します。


解き直しノートと付箋


ゆすらはゼタがテストで間違えた問題で
解き直しノートを作っています。

教科は算数、理科、国語です。

算数はテストであまり間違えないので
テキストで一度間違えた問題も
使っています。

これは淡々と続けるとして。


この他に
受験本番までにしたい、というか
しなければいけないことがあります。

それは、4年生から今までのテキスト
ゼタが不得意だったり不機嫌だったり
という理由で解かなかったり
間違い直しをせずに放置されているところを
解き直しノートに拾い上げ、
再び(ゼタにはそうと悟られず)
ゼタの前に登場させること。

過去のテキストのそういう箇所には
付箋がついています。
ついたままになっているというか。

大量の付箋です。

(写真)その一部
240222_1


この未完了を表す付箋をめぐっては
何度も夫婦で言い合いになっています。

都度足元を固めながら(付箋を取りながら)
進んでいきたい完璧主義のゆすら。

ゆすらが丸つけ係をしていた時の
テキストに付箋は残っていません。

夫が丸つけをしたテキストには
合戦の後のように
おびただしい数の折れた付箋が
突き刺さっているわ。

どちらがゼタの勉強を見ていたか
一目瞭然。

付箋がついたままでも気にならない夫。
全部取るのは無理でしょと。
そこまでためたのは誰かな。

気になる…けれどケンカになるから
ゆすらが我慢することで
今も付箋はついたまま。



自信


でも、この付箋が後々、
特に本番直前になって
面倒なことから逃げてしまったという
不安につながるような気がして

新6年生になる時に
取ることに決めました。

ゼタにあんなにあった付箋も取れたね
テキストの全ての問題を解いたってことだよ
と自信をつけてあげたいし

何より一番の懸念である
母のメンタルを不安にさせる火種だから
今のうちに消しておきたい。

ただ外して捨てるのでもなく
夫に全うさせるのでもなく(無理)
ゼタに過去のテキストを開かせることもなく

ゆすらが解き直しノートにして
日々ゼタの日課BOXに入れればいい。

そう決めて作業開始しましたが
大変すぎる〜
首が痛い肩がこる〜

一度も解いていないまっさらなページを
1問ずつの解き直しノートにする意味を
自問しながらの作業。
丸ごとコピーしてゼタに解かせたくなる。

これを聞いた夫&ゼタ:
「え、解かせたら?」

アラ、そう?いいの?
お言葉に甘えつつ。

作業は疲れるけれど
自分のためにしていることだし
受験までには終わるでしょう。


過去のテキストで作業していると…
ゼタにやる気がない時は
字が汚くて筆圧が弱いからすぐわかる。

取り組みがいい加減だった単元と
今もゼタが弱い所が一致したりするのよ。

例えば星座早見とメダカ。

ゼタが4年の時のこういうサインを見落として
ただ理科が苦手なようだと
長いことゆすらは思っていたわけね。

夫め。
違うか。

でもこれは
母でありゼタに興味がありすぎる
ゆすらにしか気づけないことだわ。

こういう発見のために
無駄とも思える作業をしているのだと
自分を励ましていきます。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - - -
ブログ内検索
プロフィール

ゆすら

夫婦とゼタ(是太郎。息子)の3人で暮らしています。良い食材と旅行が好き。健やかで美味しい毎日を模索中

お問い合わせ
プライバシーポリシー
PVアクセスランキング にほんブログ村