ゼタとゆすらの中学受験2025

遊びを愛し面倒を嫌う男子が中受を通して成長する、日々の記録

四谷大塚

前回までのあらすじ(小5、9月まとめ)


今月もゆすらのブログを読んで下さり
ありがとうございました。

多くアクセス頂いた5つの記事を使って
9月をまとめました。

ご興味ある話題があれば幸いです。

目次
1. 複数塾の模試の結果
2. 文化祭
(番外)あの日のことを雪女的タイミングで話す



1. 複数塾の模試の結果

9月は複数塾の模試を受けました。
春に引き続き、2回目です。

アクセス数の多かった順に

まずSAPIX。

9/9(土) 5年サピックスオープン(結果)


次に四谷大塚。

9/22(金) 5年志望校判定テスト(結果)


最後に日能研。

9/4(月) 日能研公開模試を他塾生が受けたら

やっぱりタイトルに
「塾名+試験名+結果」を
はっきり書いた方がいいのね。




2. 文化祭

秋は文化祭シーズンです。

なぜか、ゼタ(是太郎。息子)は
乗り気ではありません。

9/15(金) みんな文化祭とか行ってるんだろうなと言って『私学の校舎散歩』を読む陰キャ



それでも
ゼタに見てほしかった学校に
行くことができました。

9/20(水) 芝学園祭とオクトーバーフェスト




(番外)あの日のことを雪女的タイミングで話す


ゆすらはこの月まとめに使う
記事を選ぶとき、それらの記事で
総アクセス数の7割をカバーするように
しています。

こちらの表の通り、9月は5記事で7割です。

230929_1

1-3位のテスト結果がアクセス数の半分を占めますね。

数字入りのテスト結果を書くのは
9/4の日能研模試が初めてだったので

そういった情報がないにも関わらず
今まで読み続けて下さった方に
見てもらえるといいかな…

と思ってそっとUPしたら
特に変わったことはなかったので

安心してサピオも結果をUPしたら
翌日のPV数が通常の8倍になりました。

同じタイミングで
アメブロからリンクを貼ったことも
関係あると思うけれど

出す情報が個人情報に近づくほど
PVが増えるって本当だったのね。


身バレを完全に防ぐのは無理だから
そうなった時にも
毒にならない内容を書くように
気をつけようと改めて思ったわ。

もう身バレてるつもりで書いてる。


このブログは以前アメブロで書いていて
アカウントもまだあるので
アメンバー限定記事も活用したいと
思っているけれど


2023年5月にアメブロで発生した
他のユーザーの管理画面に入れてしまう
インシデント
では

管理画面に入れるのだから
下書きであろうが
限定記事であろうが見られてしまうし

アフィリエイトしている人は
規約に則っていれば本名を登録しているので
ブログの内容と本名が結びついてしまう

恐ろしい事件だったと
個人的には思います。

限定記事であっても書き過ぎは禁物と
教えてくれた出来事でした。


ゆすらは
アメブロのアフィリエイトはしてないけれど

そろそろアメ限記事を書いてみようかな?
と初回の記事をUPした矢先の出来事でした。

あの日は
アメンバー申請を下さった方がいて
遅めのランチをしながら承認しようと
ログインしたら
ちょうど渦中だったのよね。

運営からの発表は遅れたから
スタッフブログの無関係の記事の
コメント欄が騒がしくなって、一部で
スクショ祭りになっていることを知る…

自分が該当しているかわからないけれど
アメンバー限定記事に載せていた
春の他塾模試の数字入りグラフを
記事と画像フォルダから削除しました。


さらに
ライブドアブログに引越し済みの過去記事と
画像フォルダの中身を削除したのだけれど

一部の画像がアメブロのサーバに残っていて
直リンクでアクセスできる状態であることに
偶然気づいてね。

一定期間経過後に消えるかも知れないけれど
バックアップ期間は不明だし
教えてくれないだろうし
気持ち悪いから連絡して消してもらったわ。
個別対応して下さった。有難うございます。


結局
ゆすらの管理画面も誰かに見られる状態で
あった旨、後日お知らせを頂きました。


アメブロの運営会社である
サイバーエージェントさんにしてみれば
アフィリエイトで収益貢献しない
ゆすらのアカウントはコストでしかないので

無料で利用しているにも関わらず
こんな雪女的タイミング
あの日のことを話したりして


(アカウントを)消されても
文句は言えないわ。

アメブロ経由で
このブログへ来れなくなったら
ブログ村からいらしてくださいね。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ

他塾模試まとめと母集団について(小5、秋)

本日は
秋に受けた複数塾の模試のまとめをします。
ゆすらはゼタの塾名を公開していないので
他塾模試ではなく 複数塾模試と言うべきだわ。 今更だけれど。


目的

今を遡ること9ヶ月前。
ゼタ(是太郎。息子)が気づきます。 塾のテストの練習と本番では 条件を揃えて行っても 練習の方が点数がいいことに。 特に算数で。 これは偏差値(他人比)ではなく
練習と本番の点数(本人比)の話です。


おそらく本番では初見の問題が
練習より多く含まれていて
そこで差が生じるのではないかと思います。

これを解決する方法の一つは
演習量を増やすことよね。

理科と社会はまさにそれが正解。
でも算数の演習量は多かったわ。

この時の我が家は

ゼタが自塾の教材に過剰適合し
未知の問題への対応力が下がっている

過学習の状態ではという仮説を立てて
未知の問題に触れる機会を 増やそうとしました。

マシンか。


…過学習は機械学習に使う言葉だから
人に対して使うのは適切ではないかも。

アイディアは学問領域を超えて
援用してみるのが好きです💕

とにかく。

もしかしたら教材だけでなく
自塾のテストに関してもそうかもと

自塾とは違う「何か」を求めて
様々な条件での試験を経験すべく
複数塾の模試をそれぞれ春と秋に 受験させてみました。

目的は果たされたのかしら?



結論

検証できないわ。

おしま…i

それを数字で検証するにはね、
ゼタのぐちゃぐちゃのプリントの中から
半年分の練習用のテストを発掘して
実際のテスト結果と突合するという

一見簡単そうだけれど
ちょっと難しい作業が必要なの。


その代わりに
算数の偏差値推移のグラフを描きました。

いつも通り
Y軸の最小値が0ではないグラフをどうぞ。
230925_1


緩やかに上昇トレンドでありつつ
5年生の4月くらいから
ボラティリティが小さくなっている
(ように見える。計算はしてない)。


ふむ。

因果関係が不明なので乱暴だけれど
一旦
自塾以外の教材使用も含めて
一定の効果があったということに
しておきましょう。


他塾模試で春より秋の偏差値が高いのは
慣れという面もあったでしょう。

未知のものに触れさせるという面では
初回は有効だけれど
2回目以降は慣れるし習ったしで
効果は逓減するわね。


結論は
ある程度までは慣れることにより上がり
その後は
慣れと未知の問題への対応力は反比例する

っていう、
野村総研さんの過学習に関する用語集
丸パクリの結論でどうかしら。

NRI 用語解説 過学習(アクセス日:2023/9/25)



対処法


上述のNRIのサイトにある
対処方法とグラフが興味深いわ〜。

この考え方を
ゼタに援用して端的に言い換えると

テストでのパフォーマンスが落ちたら
練習をやめるのですって。


ゼタの理科と社会には当てはまらないわよ。
テストでのパフォーマンスが悪いのは
圧倒的な練習不足だから練習あるのみ。

算数に話を戻して

塾独自の教材は、過去問演習を始めたら
やめる時がくるから別にいいわ。

塾に進学するのではないから
塾での結果を最大化しても仕方ない。

でも、


未知の問題への対応力を低下させないために
過去問演習を途中でやめるという発想


があることを覚えておこうと思いました。

あくまで過学習は機械学習の話なのですが。



他流試合で得たもの


受験者少ないし全範囲終わってないし
立ち位置確認には使えない

と言われる、5年の他塾の公開模試。

それでも気づいたことが2つあります。


①相性というものはある

志望校の入試問題は学校からのメッセージ
であるとか

学校によって入試問題の合う合わないはある
など聞くわね。

できるお子様はどこの塾の模試でもできるのでしょうけれど、そうでない場合は


相性、あると思う。


同一人物(ゼタ)が同時期に受けた試験で

日能研とSAPIXの偏差値
4科の差
:1ポイント未満

ほぼ同じ。

四谷大塚は男子だけとはいえ
そこから10ポイント程度低いわよ。


日能研では各教科の偏差値の並びから
ゼタの実力を十分反映していたと思うわ。

サピオでは 理科で一夜漬けしたヤマが当たり
実力からだいぶ乖離したし
元々ゼタはSAPIXの問題と相性が良く
結果が上振れている気がする。

四谷大塚では実力を出せたと思うけれど
相性が悪い気がする。

6年生になって合不合とSOの
どちらを参考にするかというときに

ゼタの場合、違う結果が出て困りそう。



②目線を変える必要があること

気づいたことの二つ目は
目線の切り替えです。

厳しめに結果を見ておこうという発想で
今まで全体の順位を見ていました。

四谷大塚志望校判定テストでは
男子の中での偏差値が出ました。
全体より低くなる。

男子校志望なのだからこれからは
男子の偏差値を見たいわ。
順位しか見られないことが多いけれど。


首都圏の中学受験の母集団はざっくり6万人

・国私立5万人+公立1万人として
・ゼタが参加するのは前者の5万人
・そこでの男女比は半々で
・ゼタが男子校を志望すると
・本番の母集団は25,000人


今回の受験者数(男子)は
日能研:4,841人
SAPIX:
3,437
四谷大塚:3,686

- - - - - - - - - - - - - - - 
合計
11,964人(Gross)
4,841人(Net)


のべ人数で母集団の約半分、
最も少なく見積もって約2割の男子と
競争したことになるのね。


…学校別テストで分母が減った時は 苦しいだろうな、と今から思ってしまった。



次回


次回は新6年生になってから。

他のお子様方もゼタも
全範囲を終えた頃に。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - -
(ご参考)2022/12/14「特定の塾や模試への過剰適合」


2023/5/24「他塾模試の結果比較(小5、春)」


- - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ

5年志望校判定テスト(結果)

こんばんは。

色んな塾の公開模試を連続受験する試みは

春の第1ラウンドに続き
秋の第2ラウンドも終了しました。

本日はその最後を飾る四谷大塚の結果です。



テスト結果

ぅわああああ?!
(悲鳴)


9/18四谷大塚
志望校判定テスト5年(男子)第1回

偏差値
算>60>4科>国>社>理>50

うわぁ…


このテスト、
「志望校判定テスト5年第1回」
だと思っていたのに

正しくは
「志望校判定テスト5年(男子)第1回」
だったのね。

男子用のテストを受けていたのか。

「男子」3,686人の中での
偏差値と順位を突きつけられたわ。


しかも

偏差値の教科ごとの並び順が ゼタ(是太郎。息子)が
実力を出せている時のものだわ。

2科/4科>算/国>社/理
になるように勉強していて

大体そうなるからこれが実力。


嫌な予感がしたのよね。

新学期になって勉強時間が少ないし
勉強時間が少ないってことは
意識も低いってこと。

ま、いっか。

頑張れないところも含めて実力よ。
言い訳せずに現実を見てほしい。

(結果を見せたら無言で去っていったよ)



教科ごと

【国語】
安定しています。

「国語は放っておくとじりじり下がる」
で書きました通り
夏に放っておいた代償を支払い中ですが…


【算数】
これは大変だ。

でも、ゼタが自分から
解き直しをしていたので母は満足です。


【理科】
そうそう、やっぱりサピオは
出来過ぎだった。

努力が不足している教科が
それに応じた結果になっていると
落ち着くわ。


【社会】
地理は既に全範囲を学んだのだから
どの塾のテストでも
「習っていない」はナシ。

深めていくのは自己責任よ。

でも一つだけ…
230922_1


南の島へ行っていないせいだわ。
いかなきゃ。



志望校判定

サピオと同じ学校を登録したわ。
おおぅ…。

壊滅。

どう数えても
志望校の定員からはみ出てる。

今回の受験者は
3,686人しかいないのに。



塾による違いと机の落書き


試験の時の受験生の受け渡しにも
塾の特徴が出るよね。

以下、ゆすらの個人的な感想です。

【日能研】
アットホームで教室が近い。
受付からも保護者からも。

保護者が受付することができる。

保護者は子を先生に引き渡し
安心して退出できる。


【SAPIX】
システマチックで統制が取れている。

教室は受験生しか入れないエリアにあり
保護者は(モニタでしか)見られないが

全てがサピの管理下にあり
保護者は安心して
子を託すことができる。


【四谷大塚】
生きる力を試されている。

保護者は建物の外でブロックされ
中に入れるのは受験生だけ。

子の入館後も外でしばらく見守り
保護者は後ろ髪を引かれながら
その場を離れる。


なるべく慣れていない環境を求めて
今回は初めての校舎で受けました。

したら

カオス。

230922_2


あっ、列からはじかれている!
ずっとならんでたのにw
弱い!
学力より大事な気がするわ。
ゼタがんばれ。


志望校のWEB登録にマーク漏れの子が
受付で対応できているかは謎。

受付の方が特定の受験生に対応すると
受付に誰もいなくなる。

これ塾生はいいけれど
そうでなければどこに行けばいいか
わからない子もいるのでは?

座席は到着順です。


- - - - - - - -

志望校判定テストを終えて
出てきたゼタがニコニコしています。

アラっ、良く出来たのかしら?


ゆすら:「どうしたの?」

ゼタ:「僕の座った席にね、 『死』って書いてあったww

生きろ。

中受生、ストレス溜まりがち。



おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ
にほんブログ村 

父と子で解く『中学への算数』


本日は久しぶりに算数の話です。


前回までのあらすじ


新5年生の3月、4月。
ゼタ(是太郎。息子)の反抗期と
ゆすらの更年期が激突します



それまで順調だった
予習シリーズによる先取りは
この時に頓挫してしまいました。

(ご参考)『算数の戦略的学習法』を読んで取り組んでいたの。



その後、夫とも三つ巴になり

ゆすらは自信をなくし

解き直しノート作成も

少し未来のゼタのために始めていた
『中学への算数』のバックナンバー集めも
放置ぎみになりました。


ノートを使え、式を書け
というのは呪文のように唱えているけれど。

230816_2




中学への算数



この夏…ふと書棚を見ると
『中学への算数』が
いつの間にか増えています。

230816_1

夫が買っているみたい。


夕食時に

ゆすら:「『中学への算数』って良問揃いなんですって」

夫:「私も高校の時に『大学への数学』を解いていたよ」

ゼタ:「僕も解いてみたい!」

という誘導会話を経て


夕食後のダイニングテーブルで
父と子が解き始めます。

教育ママの最も心休まる瞬間です。

お茶でも淹れたくなっちゃうわ。



省エネの少年



ゼタは
・限界まで暗算でする
・式を書かない
・ノート使わない
・手を動かさない

・つまり面倒くさがり

という
教育ママを心配させるに十分な
性質をもっています。


『中学への算数』の答え合わせ後に
ゼタが夫から講評を受けています。

手を動かさないことを注意されています。

夫が
手を動かすことで脳が活性化されることや
見落としなく全て数え上げることのメリット
などなど言っても

ゼタはどこ吹く風なのが
はたで見ていてよくわかるわw

素直さがない。
よくない方向だわ。
中受にまつわる言説はよく当たるのよ。

いつもはゆすらが爆発する場面ですが
今日は夫のターン。

子供のしつけを横で見ているだけって
何てラクなのかしら。



残念な結果



ゆすらと違って
夫の言い方は穏やかだししつこくない。

言ってる内容も異論ないわ。


でも…

手を動かしてみせる夫と
面倒なので暗算でするゼタ。

二人の回答が割れた時…

夫:「2通り」

ゼタ:「4通り」

正解したのはゼタ。

ゆすらも
「ほらパパの言った通りでしょ」
って言えなかったじゃない。

指導しにくいわ。
そこは結果を出してもらわないと。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - -  
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 

『算数の戦略的学習法』を読む(1)

(本日の記事はアフィリエイト広告へのリンクを含みます)


本日はメタ学習(学習方法の学習)の話です。

熊野孝哉
『算数の戦略的学習法』エール出版社

ゼタ(是太郎。息子)が
新5年生を迎えるにあたり読みました。

230527_1

左:基本編(改訂3版)2019年
中:難関中学編(初版)2016年
右:
難関中学編(改訂新版)2022年


3冊とも図書館で借りました。

本日は青い表紙の「難関中学編(改訂新版)」
について書きます。

改訂新版は数ヶ月も順番待ちしたわ。
買ってもいいかも。

算数の学習法が
・5年前期、後期
・6年前期、後期
に分けて書かれています。


先取り


この本には
四谷大塚の予習シリーズを使った
先取りについても書かれています。


4年生と5年生の予習シリーズを
新5年の2月からスタートして

・何ヶ月で終えられるか
・理解度テストで何点取れるか

というマトリクスがあって

例えば3ヶ月未満で80点以上なら
将来的に灘開成筑駒を狙えるレベル
らしいわ。

新版に期待したのは
先取りに使う予習シリーズの
対象冊数(4冊)と期限(6ヶ月)という記述の
アップデートだったけれど

そこはアップデートされてなかったw

夏期講習も含めて6冊6ヶ月以内と
思っておけばいいのかな。


やってみる


ゼタもこれをやってみました。

理解度テストは作れないので
テキスト中の問題数と正答数を数え
正答率を理解度として使いました。


滑り出しは順調だったわ〜
(4年上下。そらな)

5年下になった途端に挫折よ。

今は予習シリーズでの先取りは
ストップしています。


家族全員で喧嘩になったから。

これが
唯一の理由ではないけれど
理由の一つではあったわ。。

残念。


本人の性格


改めて分かったのはゼタの
「簡単にできないことは嫌だ」
という性格。三つ子の魂っぽいのよ。
たたき直したい。

サクサク進んでいるうちは
機嫌よくやるけれど
230529_1


「難しくて」「面倒くさい」と
途端にゼタの態度と家が荒れる。。

(再掲)態度の悪いゼタ
220815_2

これを通じて親として
物ごとへの取り組み姿勢を
躾けるべきなのか

実際難しいことをさせているのだし
今は深追いすべきでないのかで
悩んだわ。

今もわからないけれど。

躾けるとしたらうまくやらないと。

おだてて何とかやらせたとしても
ゼタ自ら嫌なこともやる能力は培われないから
話して聞かせるしかないのかも。

結果的にやらなかったとしても。
↑イマココ


そうこうしているうちに
先取る部分はなくなってしまうけれど
家庭が壊れるくらいなら
もういいかなという境地です。


(2)に続く。
- - - - - - - - - - - - - - -
こちらは今回話題にした書籍です。

中学受験 算数の戦略的学習法 難関中学編 改訂新版 [ 熊野孝哉 ]

価格:1650円
(2023/10/1 12:00時点)
感想(0件)

中学受験を成功させる算数の戦略的学習法 改訂3版 [ 熊野 孝哉 ]

価格:1650円
(2023/10/1 12:01時点)
感想(0件)


(どちらも楽天ブックスへのリンクです)


- - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 
ブログ内検索
プロフィール

ゆすら

夫婦とゼタ(是太郎。息子)の3人で暮らしています。良い食材と旅行が好き。健やかで美味しい毎日を模索中

お問い合わせ
プライバシーポリシー
PVアクセスランキング にほんブログ村