ゼタとゆすらの中学受験2025

遊びを愛し面倒を嫌う男子が中受を通して成長する、日々の記録

理科

4年生の時に苦手を積み残した理科の現状


こんにちは。

Time flies.


あれは6月9日でした。

ゆすらは
直角二等辺三角形のギークなおにぎりを作り
240609_2240609_1

ゼタ(是太郎。息子)を塾に送り出してから

ブログの更新が途絶えること1週間。

今日はその1週間の気づきを記録します。



今すべきことをする


あの日、テストから帰ってきた息子は
あまりよくできなかった時の言動をしてた。

2024/3/25 息子のテスト結果を見極める方法



ゼタが難しい時は問題が難しい時だから
相対的な結果は良いことが多い。
でも、
これはゼタが事前に頑張っていた場合。

今回は問題の難易度にかかわらず
ゼタの結果が悪いと直感しました。
この2週間ほど頑張ってなかったもの。

読書しない

塾の宿題は終わらない
朝の算数の日課もしない
(以下略)

それなのに

ゼタ:「最近、調子いいから」

色んなフラグ立ってた〜。

調子が良い時は
自発的ではなくても勉強していたのよ。

母に無理やり勉強させられていたのに
何もしなくても力がついてきたと
思っている〜。

すべきことをした(させられた)から
結果がついてきただけだと実感してない。

これは因果応報の悪い方を
(親の都合で)体感させていないから
ゼタは実感できないのよね。

4年生の時に手を離せないまま、
ここまできた弊害かも。

2022/9/7 子が親の手を離す時


ゼタは今すべきことから逃げるから
なかなか放っておくことができない。

ゼタは
面倒くさい→逃げる→結果悪い→やる気なくす→逃げる→帰ってこない
という負のサイクルを全力で回す。
奮起とかしない。

面倒なことをするくらいなら
結果が悪い方を選ぶ小学生。

勉強以外でも同じ。性格だから。
だから親として放っておけないの。

これどうしたらいいのかしらね?

この1週間は
ゼタが易き方へ流れようとするたびに
「今すべきことから逃げない」と言いました。

ゼタは「逃げる」という言葉に怒るし
衝突するわ。
240617_1


自分で「あ、今逃げたな」と気づくと
少し行動が変わると思う。




理科の解き直しノート


前段の育児の悩みの部分が長くなりましたが

ゼタが頑張っているのだから
(頑張らせているとも言う)
ゆすらも何かしようと思って

4年生の理科のテキストから
解き直しノートを作りました。

5年生のは半分くらい作成済みでしたが
4年生のは未着手でした。
作業してたら…気づいちゃった。

理科は5年生の夏までと決めて放っておいて
その後はしっかり取り組み、
半年後に結果(↓)もついてきましたが

2024/1/12 理科のテコ入れの結果


これの問題点に気づいたわ。

5年生の後期はまだ新しい単元があるのよ。
結果がついてきたと思っていたのは
その部分よね。

4年生のテキストを見れば
ゼタの筆圧とまっさらな部分から
その取り組み具合がわかります。

作業中に募る、
何とも言えない重たい気持ち…


いくつもの基本が抜けている。
テストでは網羅的に出てこないから
後から気づきにくいわ。

それが6年になってというか
受験本番で効いてくるわけだけど
時間が経ったからってできるように
なるわけじゃない。

今もできないわよ。

終わっ…
間に合うかな?

前回のスパイラルの話と同じだけれど
あれは算数を念頭に置いていました。

4年生の時に習ったことって
大事だったんだなぁ。

放置していたことが悔やまれますが
他の教科で手一杯だったものね。

初めて出てきた時あまりにできないから
早めに対策した星座は理解できた。
それだけでも良かったと思う!

ということは、これって
目には見えない積み重ねの国語や
暗記でしょと高を括っていた社会でも
十分起こりうることよね。

そりゃ間に合わないわ。

これからあちこち穴が見つかって
その都度わーって対応しながら
いくつかの穴は空いたまま、

できる範囲で穴を埋め続けてゼタらしい
受験本番を迎えるイメージを持ちました。


おしまい。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2025年度(本人・親)へ

付箋とり

本日は塾の教材につけている付箋の話です。

我が家では宿題など解くべきところに
付箋を貼り、
丸つけをして間違い直しまで完了したら
付箋を外しています。

付箋が付いているということは
ゼタ(是太郎。息子)が解くべき
未完了の箇所があることを示します。


解き直しノートと付箋


ゆすらはゼタがテストで間違えた問題で
解き直しノートを作っています。

教科は算数、理科、国語です。

算数はテストであまり間違えないので
テキストで一度間違えた問題も
使っています。

これは淡々と続けるとして。


この他に
受験本番までにしたい、というか
しなければいけないことがあります。

それは、4年生から今までのテキスト
ゼタが不得意だったり不機嫌だったり
という理由で解かなかったり
間違い直しをせずに放置されているところを
解き直しノートに拾い上げ、
再び(ゼタにはそうと悟られず)
ゼタの前に登場させること。

過去のテキストのそういう箇所には
付箋がついています。
ついたままになっているというか。

大量の付箋です。

(写真)その一部
240222_1


この未完了を表す付箋をめぐっては
何度も夫婦で言い合いになっています。

都度足元を固めながら(付箋を取りながら)
進んでいきたい完璧主義のゆすら。

ゆすらが丸つけ係をしていた時の
テキストに付箋は残っていません。

夫が丸つけをしたテキストには
合戦の後のように
おびただしい数の折れた付箋が
突き刺さっているわ。

どちらがゼタの勉強を見ていたか
一目瞭然。

付箋がついたままでも気にならない夫。
全部取るのは無理でしょと。
そこまでためたのは誰かな。

気になる…けれどケンカになるから
ゆすらが我慢することで
今も付箋はついたまま。



自信


でも、この付箋が後々、
特に本番直前になって
面倒なことから逃げてしまったという
不安につながるような気がして

新6年生になる時に
取ることに決めました。

ゼタにあんなにあった付箋も取れたね
テキストの全ての問題を解いたってことだよ
と自信をつけてあげたいし

何より一番の懸念である
母のメンタルを不安にさせる火種だから
今のうちに消しておきたい。

ただ外して捨てるのでもなく
夫に全うさせるのでもなく(無理)
ゼタに過去のテキストを開かせることもなく

ゆすらが解き直しノートにして
日々ゼタの日課BOXに入れればいい。

そう決めて作業開始しましたが
大変すぎる〜
首が痛い肩がこる〜

一度も解いていないまっさらなページを
1問ずつの解き直しノートにする意味を
自問しながらの作業。
丸ごとコピーしてゼタに解かせたくなる。

これを聞いた夫&ゼタ:
「え、解かせたら?」

アラ、そう?いいの?
お言葉に甘えつつ。

作業は疲れるけれど
自分のためにしていることだし
受験までには終わるでしょう。


過去のテキストで作業していると…
ゼタにやる気がない時は
字が汚くて筆圧が弱いからすぐわかる。

取り組みがいい加減だった単元と
今もゼタが弱い所が一致したりするのよ。

例えば星座早見とメダカ。

ゼタが4年の時のこういうサインを見落として
ただ理科が苦手なようだと
長いことゆすらは思っていたわけね。

夫め。
違うか。

でもこれは
母でありゼタに興味がありすぎる
ゆすらにしか気づけないことだわ。

こういう発見のために
無駄とも思える作業をしているのだと
自分を励ましていきます。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - - -

【定点観測】理科(新小6、2月)

今日は理科の定点観測です。


ゼタ(是太郎。息子)の弱点マップに
小5最後のテスト結果を反映しまして、

小5最後=小6開始時のスナップショット。
右上が得意の象限、右下が弱点です。

240210_理科
カラフルね。

算数と同じく、
もう少し単元をまとめていいと思う。


苦手が出てきた時に
粒度高く観察できるように
ある程度細かい情報も残しながら。



苦手



「電気回路」は相変わらず右下にあります。
240210_理科2


志望校群の出題割合を調べるまでもなく
上に押し上げるべき単元だわ。



得意



右上に輝く「星座」は
親子の努力の結晶です。
240210_理科3

何とか回帰線より上にある。
回帰線を表示してないけど。

中受の勉強をスタートして以来、
親子そろって
天体(特に星)が苦手でした。

(再掲)
230225_1

知ってる星座はオリオン座くらい。

よくここまで頑張った。


星に限っては
親が先に興味を持って取り組んだのが
よかったように思います。


 


(ご参考)そのほかの星への取り組み
子供部屋の星空(小4、6月)
中学受験そうめん(小4、7月)
【星空見えた】小4男子の北海道旅行③(小4、9月)
暗記する親子【中学受験4コマ】(新小5、2月)
土星見えた(小5、10月)





中受を通して「月の動き」も知りました。

2024年の我が家のカレンダーは
偉人が励ましてくれるものや
ことわざ・四字熟語の日めくりと
本当に迷った末に

こちらの
日めくりカレンダーにしました。
240216_5


月齢だけでなく
二十四節気、七十二候に加え
季節の行事も教えてくれる。
240216_6


ゼタが毎朝めくります。

月の満ち欠けに敏感になり
塾からの帰りにどの方角で見れる
など話します。買ってよかった。

中受目線で欲を言えば
二十四節気も最初の日だけでなく
毎日表示があれば良かったな。


星と同じく苦手だった月。

これとか
240216_7


これを見た時にも
240216_8


ゼタ:「下弦だね」

と言えるようになりました。


おしまい。
 - - - - - - - - - - - - - -

算数と国語の単元


ゆすらはヘンタイなので
ゼタ(是太郎。息子)の学習管理に
自作の単元IDを使っています。

本日はその単元IDの話なので
ご興味ない方が多いと思いますが

ここでお帰りになられる場合でも
また今度来てくださるととても嬉しいです。



とっても便利な単元ID

新5年生になるときに
解き直しノートと単元IDを作りました。

その時の記事はこちらです。


単元IDはどの教科のどの単元の問題なのかを示す番号です。

(再掲)単元IDのイメージ
230116_2


単元IDがあると、
解き直しノートはもちろん
読書や成績の管理、弱点分析など
何にでも幅広く使えて便利です。

デメリットは
単元名をつけるのが大変なこと。

複数の塾や声教の過去問を参考に
しているけれど
それぞれ目的が違うものね。

ゼタ用に改変しながら使います。

単元IDが使い易くなる頃には
ゼタの中受が終わるのでしょうね。



単元IDのアップデート

5年後期から
算数の単元IDが使いにくい
と思うことが増えました。


図形の面積、濃度、速さなどの
問題の種類(テーマ)と

比・相似などの
手法の種類(ツール)を

単元として並列に扱っていたためです。


メシマズなれど料理で例えると
テーマは食材でツールは調理器具。

調理器具は
線分図→面積図→比 のように
後から強力なものが出てくる。

小学生の範囲ではないけれど
つるかめ算→方程式もそう。

ツール自体を初めて学習する
5年の前期まではよかった。

「速さ」を「比」で解くみたいに
組み合わせになってくると
どちらに分類すべきか一瞬考える。

単元IDは弱点把握に使っているから
テーマが弱いのかツールが弱いのかには
引き続き目配りする必要があるけれど、
基本的にはテーマにまとめていくよね。
6年生からはそうしましょう。


前に習ったことを使って
新しい問題を解くというのは
数学ができる方には当たり前すぎるかも。

上でテーマとして挙げたものだって 別のテーマを解くためのツールになり得るよね。

だから算数でつまづいたら
「勇気をもって基礎に戻れ」
って言われるけれど、

ここでいう基礎とは
同じ単元の簡単な問題ではなくて
その単元に繋がる、前の単元
っていう意味だったのね(多分)。

ゆすらはそれに気がつかずに
単元IDが使いにくいと思っていて

ゼタが6年生になるにあたり
国語の単元IDを見直した時に
ようやく気づきました。



国語が異質だった理由

なぜ国語の解き直しノート作りに
やりにくさを感じていたのか。
そして1年も放置してしまったのか。

何を強化するのかわかっていなかったから。

算数と違ってピンとこないし
問題文が長くて作るの面倒だし
点数取れてるし
ま、いっか
となってたのが正直なところです。


1年前に作った単元IDを見るとやはり
「物語文」(テーマ)と
「漢字」や「文法」(スキル)とが
並列になっていました。

国語は
まだスキル自体を問う問題もあるから
スキルにも単元IDを設けています。


読解問題に単元IDを振る際には
親が問題文を少し読む必要があるわ。

それが物語文か説明文かは
成績表や解答に記載があるけれど

文学的随筆なのか説明的随筆なのか
といった内容の判断は
ゆすらの匙加減によるところが大きい。

いずれにせよゼタの弱点を知るために
作っているものだから
得意なところは大括りに
傾向が分からないところや弱いところは 詳細に見ていけばいいかな。

国語の単元IDの数は
当初の半分以下になりました。

また、
回答形式(記号、書き抜き、記述etc.)
による傾向を知りたいので
単元IDとは別に追っています。

やりすぎ注意報が出てる。



解き直しノートからのシグナル

解き直しノートは
算数は1年前から、理科は半年前から
それぞれ使い始めました。

それでね、

ゼタは理科で
同じ問題を同じようにもう一度間違える。

怖い話かな。

何の不思議もありません。

同じ人が 同じ思考で 同じやり方をしているからです。
240206_1



算数はそれが少ないの。

5年生の初めにできなかった問題を
解き直しノートで出したら
比を使って解いてる。

当時持っていなかったツールを手に入れ
やり方を変えて上手くいく例です。

これをヒントに理科の復習を
なんとかできないかしら。

ところで
塾の単元リストに比はあっても
線分図や面積図がないのはどうしてかな。
暫定的なものだから?


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - -

5年後期の理科、その後

さて。
アレはどうなったのかしら?

理科よ。

5年生の夏になったら
ゼタ(是太郎。息子)の理科を何とかする!
(それまでは放っておく)と決めて、
夏以降は色々と取り組みました。

本日は現時点での結果を記録します。



取り組み内容


夏以降の
理科への取り組みを振り返ります。

(7月)学習まんがの大人買いに始まり…


(7月)倉橋先生の動画を見せ…


(7月)サピックスecoクラブに放り込み…


(8月)滑車や天びんを作り…


(10月)土星や木星を見せ…



(10月)弱点発見マップを作り…


(11月)解き直しノートをさせ…



この他にも
アメブロの限定公開記事で書いたので
全体に公開できず恐縮ですが
岩石を買ったり…自然体験をしたり…

しかし、
ここまでやっても偏差値は動かじ!

(再掲)5年後期の偏差値推移(11月時点)
231115_3
(2023/11/15【定点観測】4科(小5、11月)より)


この時から2ヶ月が経ち
5年後期が終わろうとしています。

結果はついてきたのかしら?



ついてきたよ


(図)5年後期の偏差値推移(1月時点)
240112_4

トレンドラインが上向いています!
取り組みを始めてから半年かかった…
思ったよりリードタイムが長くて
ぞっとした。

岩石を買った時が底だったわ。


でも、他の科目の時間を
理科に使ったわけだから
デメリットも記録しておきたい。

2科はこうなっています。

(図)2科(1月時点)
240112_5


理科とA問題


改めてこの1年(5年生)の
テスト結果を眺めていたら

アラ?
理科は4科の偏差値を下げることが
多かったけれど、いい時はとてもいい。


各テストで偏差値が1番高い教科を数えたら
国語か算数であることが8割だけれど
理科も2割ある。社会は1回もなし。

(図)テストで偏差値が1番高かった教科
240112_3

ところが、これを
・範囲のある(狭い)テスト
・範囲のない(広い)テスト
に分けると、

(図)範囲のある(狭い)テスト⬇︎
240112_2

(図)範囲のない(広い)テスト⬇︎
240112_1

復習テストのような
範囲のある(狭い)テストで取れない
勉強のやり方をしていると
後になるほど厳しいと言うよね。

理科がまさにそうなっている…
ゼタは算数もそう。
A問題をそこそこに
B問題を楽しもうとするのよね。

改めて、A問題を大切にしていこう。


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - -
ブログ内検索
プロフィール

ゆすら

夫婦とゼタ(是太郎。息子)の3人で暮らしています。良い食材と旅行が好き。健やかで美味しい毎日を模索中

お問い合わせ
プライバシーポリシー
PVアクセスランキング にほんブログ村