夏休みの小学生男子の生態観察。

最終回は

旅の思い出からお届けします。


同じフライト

中学受験生のいるご家庭の旅行先って

世界遺産や何かの産地など特徴的で
かぶることも多いわ。

これまで行き先や旅の詳細を
書いていたけれど

ゼタ(是太郎。息子)も
友達と旅行の話をするでしょうし
気をつけないとね。


でも
どうして急に旅の身バレに配慮を?


それは…ある時ある所である方と
同じ飛行機だったから。

きゃー。
後から知ったのよ。


というわけで
行き先に触れないまま始めます。



お祭り


えっと、お祭りに行きました。

230825_5


加工しているけれど
いきなりこれはわかるわよ。

伏せる気あるの?


衣装は現地の土産物店などで
セットで5,000円ほどで買えます。


たすき掛けをしてあげて
背中でちょうちょ結び💕

230825_4


まだギリギリ「小さい子」カテゴリの 可愛さがあるわ。
そう思っているのは
母親だけですよ。



焼き鳥、焼きそば、クレープ…
食べる方に夢中なゼタでした。



美肌セット

歴史ある土地で
お庭を見ながら一服頂きます。


薬膳美肌セットと 季節の生菓子セットにしました。


店員さん:「美肌セットのお客様〜」

って聞いてくれたけれど

ゆすらの方に配膳したがってる!


ゼタ:「僕です」

230825_9


ターゲットから外れていても

食べたいものを食べるゼタ。



海釣り

この夏のゼタの希望はただ一つ。
釣りです。

海に来ました。


ゼタが海に落ちないか怯えるゆすら。


ゆすら:「海を覗き込まないで!」

夫:「覗かなきゃ見えないでしょう」



釣り糸を垂れて、のんびり。
230825_2
しかし

夫:「全然だねえ」

餌を変えてみることに。


餌は「エビ」と「多足の長い虫」の2種類。
後者は生きています。

ゼタは虫をさわれるけれど
かわいそうでなかなか針に刺せない…。

ゼタ:「ママ、釣り竿を持ってて」


ゆすらは魚がかわいそうで釣りはしません。

そして…
ゆすらが釣り竿を持っていると当たる。


ゆすら:「引いてるー」

230825_7



釣れた時は全部このパターン。

魚はゆすらに殺気がないってわかるのね。
230825_3

ともあれ

魚を弱らせないように
釣り針を外す練習もでき

ゼタは大満足の釣りとなりました。



山歩き

今日はトレッキングです。

ゼタは初心者だから

苔のついた石の上とか
木の板を渡してあるだけの場所に
怯えるゆすら。


(図)危うい着地
230825_1
母の心配をよそに

世界遺産の山の中で
もののけ姫を熱唱する小学生。

そういうことしてるとバテるわよ。

案の定、息が上がっているわ。

ゼタ:「もう帰りたい」 体力の無駄遣いからの
その言葉を禁止したい。


登山の体力は年長者の方が
あるように思います。


ゼタが木の枝を見つけます。

長い棒状のものは
拾わずにはいられない男子。


ゼタ:「僕は皆の安全のために 蛇がいないか確かめている」

230825_10


敢えて疲れることをするよね。


とある山での洞窟探検では
ガイドさんの指示のもと
全員のヘッドランプを消して
完全な暗闇体験をしました。
230825_8


もののけといえばたたら。
たたら(ふいご)踏みも体験しました。
230825_6
頑張ると壁の炎が大きくなる。



高貴な人

旅先の資料館で
小野小町の描かれた絵を見ました。

小倉百人一首のような図を
ご想像いただければ幸いです。

ゼタ:「顔見えないしw」

他にも顔や姿の見えない人がいます。

ゆすら:
「高貴な人は扇や御簾で顔を隠したのよ」

ゼタ:「ふーん」

***

別の日。

ゼタがゆすらに注意されています。

ゆすら:「ガミガミガミ」

ゼタ:「・・・」
230825_11


物理的に遮断されてしまいました。


言いすぎたかしら。
それにしても態度が悪いわね。

高まりゆく緊張感。


そして。

230825_12

ゼタ:「高貴な人」


おしまい。
- - - - - - - - - - - - - - - -
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村